トピックス

サイディング張り替え工事と外壁塗装、どっちがおトク?

 2020年11月3日

よくお客様より、「外壁塗装って、10年に1回でしょ?サイディングの張り替えとどっちが得なの?」というご相談をいただきます。
 
ここで出てくる選択肢は、
①外壁塗装 ②張り替え ③外壁カバー工法 の3つです。
 
これについて、解説していきたいと思います。
 

回答① 費用と耐久性で考えてみましょう

左の表は、25坪、2階建ての一般的な住宅の場合の費用です。
材料によっても異なりますが、外壁の張り替えは、塗装と比較すると倍以上のコストがかかります。
しかし、耐久年数は長いため、10年単位の費用に換算すると、塗装とのコストの差は少なくなります。張り替えにしても、カバー工法にしても、10年に1度くらいは、メンテナンスが必要となるため、費用面だけ考えると外壁塗装がオススメです。

回答② 築年数によって、最適な工事は変わる

築年数によっても、答えが変わってきます。
築年数10~20年であれば、よほどひどい劣化がない限りは、塗装のほうが安くつきます。
しかし、30年を超えてくると、外壁材そのものの劣化が進行していることもあります。そういった場合は張り替えのほうがメリットが大きいこともあります。
 
外壁張り替えの場合は、既存の外壁材をはがすため、基礎部分や、壁の断熱材などのチェックや補修などもできるため、30年経過していれば、張り替えをご提案することが増えてきます。

 

回答③ 外壁カバー工法は技術力がある施工店に

外壁のカバー工法と外壁の張り替え、比較したものをまとめてみました。

結論から申し上げますと、当店では張り替えをお勧めすることが多いです。
理由としては、築30年経過している家であれば、基礎の部分も見ておいたほうが、絶対に安心だからです。
また、耐震性においても張り替えのほうが優れています。(カバー工法は壁が2重になる分、耐震性においては劣ります。)

また、外壁カバー工法はいったん張ってしまうとはがすのは大変です。
既存の外壁材が雨漏りや劣化が進行していた場合、はがす手間もありますので、外壁カバー工法が適用できるかを見極められる施工店でなければリスクもあります。

外壁カバー工法を価格だけで安易に選ぶのは要注意です。
 

まとめ 資格と知識をもった塗装店に相談しましょう

・築30年以上経過していたら、外壁張り替えも検討する
・金額だけでカバー工法を選ぶのは要注意
 
きちんと点検もせず、「いい塗料だから大丈夫」「カバー工法は安いし、メンテナンス不要」という工事店には十分ご注意ください。
 
そして、上記2つのほかに、当社がご提案の際に気を付けているのが、お客様の今後のライフプランです。
子供が大きくなって、家を出たら、建て替えも考えている、間取りの変更があるかも、などという場合は、外壁を張り替えても、建て替えるならもったいない話です。
 
きちんと、資格と知識をもった施工店でないと、あとあと後悔することもあります。お住まいのことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

対応エリア

対応エリア

  • 東京都
  • 江戸川区
  • 葛飾区
  • 足立区
  • 台東区
  • 千葉県
  • 松戸市
  • 浦安市
  • 市川市
  • 埼玉県
  • 三郷市
  • 八潮市
  • 草加市
  • その他