トピックス

「足立区 省エネリフォーム補助金」の募集開始!外壁・屋根塗装の補助金

 2022年4月19日

「足立区 省エネリフォーム補助金」の募集開始!外壁・屋根塗装の補助金

「足立区 省エネリフォーム補助金」の募集が開始されました。

補助対象工事を行うことで上限5万円までの補助を受けることができます。

補助対象工事には当社も承っている遮熱塗装があります。

これから暑くなる夏に向けて、塗装工事をお考えの方は補助金を利用して遮熱塗装をしてみてはいかがですか?

補助金をもらえる期間は決まっており、予算額や予定件数を到達してしまうと受付終了となりますので、この機会にぜひご検討してみてください!

こちらでは「足立区 省エネリフォーム補助金」について詳しくお伝えしていきます。

 

葛飾区 かつしかエコ助成金についてはこちらでご紹介しております。
「【令和4年度】 かつしかエコ助成金 外壁塗装・屋根塗装 葛飾区補助金制度」

 

【対象工事】

補助金交付の対象工事は以下の項目になります。

 

・ガラス交換

・窓の交換

・内窓の新設

・断熱材の設置

・遮熱塗装

 

対象工事の遮熱塗装は「近赤外線の日射反射率50%以上の塗料で塗装すること」と規定されております。

日射反射率とは太陽光からの赤外線を反射する性能のことですが、こういった専門的なこともお手伝いさせていただきますので、補助金を利用して工事をご検討している方はお気軽にご相談ください!

 

【補助対象者】

本制度を利用するには以下の要件を満たす必要があります。

 

・申請者が足立区内に住民登録がある個人であること

・足立区内の自らが居住する既存住宅(住民登録地と同一住所に限る)に対象工事を実施すること

・工事着工前であること※足場をかけた時点で着工したと判断されますのでご注意ください。

令和5年2月28日までに工事を完了し、令和5年3月31日までに完了報告を行えること

・同一年度内に本制度の補助金の交付を受けていないこと

・補助対象経費が5万円(税抜き)以上であること

・不動産登記上の一棟の建物単位で申請(集合住宅の場合は一戸単位での申請)

・補助対象工事を行う種別が、過去5年以内に本要網に基づく補助金の交付決定の対象となっていないこと

・申請者に住民税の滞納がないこと

・補助対象工事について区から他の補助金の交付を受けていないこと

 

【補助金額】

補助金額は、補助対象経費(消費税を除く)の1/3 に相当する額

ただし、補助額上限は5万円まで、かつ補助対象経費が5万円(税抜き)以上の工事である必要があります。

また、補助対象経費に含むものと含まないものがありますので以下の点をご注意ください。

 

【補助対象経費に含むもの】

設置する製品(ガラス、窓、断熱材、遮熱塗料)の本体、部材の購入および改修工事に要する費用

 

【補助対象経費に含まないもの】

・配送費、旧機器や廃材の処分費用など設置作業に直接関わらない費用

・「諸経費」「工事一式」など内容が明確でないもの

・製品のリースやレンタルに要する費用

 

申請者自らが工事を行なった場合は補助対象経費になりません。

また、見積もり内容が曖昧(一式工事など)も含まないため、できるだけ見積書は具体的に書かれているものを作成してもらいましょう!

 

見積もりについてはこちらの「外壁塗装・屋根塗装の相場価格」をご参考にしてください。

 

【申請受付期間】

申請受付期間:令和4年4月11日〜令和5年1月31日まで

補助予定件数:180件(4/18日現在)※補助予定件数は変更する場合があります。

 

予算または補助予定件数が到達次第受付終了となりますのでご注意ください。

申請結果は申請申し込みから1〜2ヶ月程度かかりますので余裕を持って申し込むことをおすすめします。

 

また、以下の点にご注意ください。

 

・申請の際は関係書類をすべてそろえて工事着工予定日の前日までに提出

・工事着工予定日の前日が窓口閉庁日の場合、直前の窓口開庁日が受付締切日となります。(月曜着工の場合は金曜日までに申請)

・郵送の場合は区役所に書類が届いた日が提出日となります。ただし、窓口閉庁日に届いた書類は直後の窓口開庁日が受付日となります。(土曜または日曜日に書類が届いた場合は月曜日受付日となります)

 

【必要書類】

申請するには必要書類があり「事前申請の際の必要書類」と「完了報告の際の必要書類」があります。

申請の時はすべての書類がそろわないと受付ができませんので、書類の抜けがないかよくチェックしましょう。

 

【事前申請の必要書類】

・省エネリフォーム補助金交付申請書

・建物部分の不動産登記事項証明書(3ヶ月以内に発行された原本)

・見積書の写し

・施工予定の製品の規格、性能などがわかるカタログまたはパンフレットなどの写し

・建物の平面図または立面図

・施工前の写真

・承諾書(自己所有でない建物または共有名義の建物の場合のみ提出)

・令和3年度住民税納税証明書または非課税証明書(3ヶ月以内に発行された原本)※申請者が個人で令和3年1月1日現在の住民登録地が足立区以外の場合のみ提出

 

【完了報告の必要書類】

・省エネリフォーム完了報告書

・補助対象工事の領収書の写し

・補助対象工事の領収書の内訳を記載した書面の写し

・施工後の写真

・省エネリフォーム補助金交付請求書兼口座振替依頼書

 

なお、上記必要書類のチェックリストはこちらの「足立区 省エネリフォーム補助金(事前申請)」でダウンロードできます。

 

【補助金申請を行う際の注意】

「足立区 省エネリフォーム補助金」の募集開始!外壁・屋根塗装の補助金

補助金申請には対象工事の規定性能を満たす必要があり、わかりづらいところもいろいろあるかと思います。

当社は遮熱塗装の実績があり、申請のお手伝いができますので「省エネリフォーム補助金」をご検討している方はお気軽にご相談ください。

当社は無料で建物診断、見積もりの作成を実施しておりますので、まずは建物の状態だけでも調べてみてはいかがでしょうか?

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

また、足立区役所は新型コロナウイルスの感染・拡大防止のため申請を行う場合はなるべく郵送での申請をお願いしています。

申請書のダウンロードや詳しい内容は足立区役所のホームページをご覧ください。

参照:足立区 省エネリフォーム補助金(事前申請)

 

【遮熱塗装は室温改善と電気代節約の効果があります!】

「足立区 省エネリフォーム補助金」の募集開始!外壁・屋根塗装の補助金

遮熱塗装は屋根の表面温度上昇を抑えることができます。

このことにより、室内温度上昇の抑制、エアコン使用負荷の低減による電気代の節約の効果が得られます。

夏場の暑い時期に効果を発揮しますので「夏になると部屋が暑くて困っている」「エアコン代がかかってしょうがない」などで困っている方は、ぜひ遮熱塗装をご検討ください。

 

遮熱塗装については「遮熱塗料ってどんな塗料?断熱塗料との違いや効果を解説」で詳しくお伝えしておりますので、ぜひこちらもご参考にしてください。

 

このご時世、ますます窓口に行きづらいかと思いますので、気になることやご不明な点など、なんでもかまいませんので遠慮なく当社にお問い合わせください。

 

当社へのお問い合わせはこちらから

 

“mu”

 

葛飾区 かつしかエコ助成金についてはこちらでご紹介しております。
「【令和4年度】 かつしかエコ助成金 外壁塗装・屋根塗装 葛飾区補助金制度」

 

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】