ブログ

屋根塗装の縁切り「タスペーサー」とは?

ブログ
▶タスペーサーが雨漏りから守ってくれる!?     タスペーサーは、スレート屋根の縁切りという作業を行うときに使う道具です。 分かりやすくいうと、スレート屋根の屋根材と屋根材に隙間を作るために使う、カッター代わりというイメージです。 そもそも、スレート屋根にはなぜ隙間を作る必要があるの?という疑問を解決していきます。   ▶スレート屋・・・詳しく見る

鉄部塗装の下地処理「ケレン」の重要性

ブログ
▶ケレンは塗装の中でもっとも重要!? ケレンとは・・・ ・旧塗膜のサビを落とす作業のこと ・塗料が密着するように目荒らしをすること 主に鉄部塗装をする際は、軽く目荒らしをするケレン作業がとても重要となってきます。 鉄部は滑らかな面になっているため、目荒らしすることで表面にわずかな凸凹ができ、塗膜との密着が強くなります。 逆に、ケレンが不十分だと塗装後、2~3年で剥・・・詳しく見る

外壁塗装、屋根塗装の塗料の選び方

ブログ
☞塗料はなんとなく選んでいい!? 塗料選びはとても重要です。有名なメーカーだから・・・となんとなく選んではダメなんです。 外壁塗装や屋根塗装をするときは、値段が高くて機能が良い塗料を使っても、外壁材や屋根材に合わない場合もあります。 合わない塗料を選んでしまうと、効果が十分に発揮されない・・・なんてことも起きてしまいます。 今回は長年一緒に過ごす大切なお家の、外・・・詳しく見る

外壁塗装・屋根塗装の相場価格

ブログ
外壁塗装や屋根塗装の相場ってわかりにくいですよね。 相場といっても、結局は平均値が相場、みたいなところはありますよね。 ただ、適正価格というものは存在します。 しかし付帯工事の内容によって変わってくる点もありますし、なんとも難しいのが実情です。 ここでは、相場価格の目安と、費用の考え方をお客様がつかんでいただけるよう、ポイントを整理してご説明します。 ☞まず、塗装工事の見積もり明細の内訳・・・詳しく見る

外壁塗装 見積面積が違うのはなぜ?

ブログ
外壁塗装や屋根塗装をご検討されるとき、各社に見積もりを取られる方は多いと思います。   そこで、実際に見積もりを数社にとると、各社の見積の基礎となる面積が異なっているケースがわりと高い頻度で発生します。   「どこが正しいのかわからない」というお客様のために、見積もり面積の定義をご説明いたします。   塗装面積を計測しているかどうか 外壁塗装や屋根塗・・・詳しく見る

ご存知でしたか?塗装してはいけない屋根や壁があります!

ブログ
  外壁や屋根の材質や状態によっては、塗装をしてはいけないものもあります。 塗装店としては、なんでも塗れますといいたいところですが・・・。 ここでは、塗装してはいけない屋根や壁についてご説明します。 ☞ニチハのパミールは塗装NG 「パミール」は、1996年から2008年にニチハより製造されたスレート屋根材です。   ニチハは窯業系サイディングで知られる最大手の外壁・・・詳しく見る

外壁塗装・屋根塗装の必要性

ブログ
外壁塗装・屋根塗装は本当に必要なの?   外壁塗装や屋根塗装でいろいろ見積もりを取っているうちに、 ふと、「そもそも、高いお金を払って塗装する必要はあるの?」と思われた方に、ぜひご覧いただきたいと思います。 家を新築で建てる際や建売などで多いのは、外壁は窯業サイディング、屋根はスレートコロニアル屋根。もちろん、例外もありますが、それらの材質の場合、塗装工事をしないと雨漏りになるの・・・詳しく見る

外壁塗装のポイント

ブログ
外壁塗装工事においては、洗浄から下地補修、塗装まで、全工程大切なのですが、よく見落としがちな点が以下となります。 ① 下地補修をどこまでこだわるか ② シーリングをどこまでこだわるか ③ 塗料メーカーの施工仕様を遵守しているか これらについて、一つずつ、ご説明します。 ① 下地補修をどこまでこだわるか 外壁塗装は塗ってさえしまえば、小さなヒビなどは、塗料・・・詳しく見る

屋根の工事費用は勾配(傾斜角度)によって変わる

ブログ
屋根葺き替えや、屋根塗装など、屋根の工事をする際、屋根の勾配によって、工事費用は異なります。     1.屋根の勾配とは 屋根の傾斜角度は様々あり、勾配によって施工できる屋根も変わります。     例えば、瓦屋根は4寸以上、スレート屋根は2.5寸以上、などなど、勾配によって施工できる屋根材も変わるのです。   急勾・・・詳しく見る

屋根葺き替えをオススメする理由

ブログ
  屋根葺き替え工事は、既存の屋根を一度解体した後で新しい屋根を施工する方法です。 屋根葺き替えは建物のメンテナンスを行う上で重要なポイントになります。 以下の2つの条件のいずれかに当てはまる建物には、屋根の葺き替え工事をおすすめします。   1つ目は、既存の屋根材が瓦屋根の場合です。 瓦屋根の場合には、屋根葺き替え工事以外にオススメできる方法がありません。・・・詳しく見る