塗装工事の現場レポート

葛飾区 車庫修繕工事 波板交換 木部塗装 I様邸

東京都木部塗装工場・倉庫屋根葺き替え

 2021年4月9日

車庫 施工後

本日は葛飾区I様邸の最後の施工である、車庫の修繕工事をご紹介いたします。

主な内容は、波板の交換と骨組みとなっている木部の塗装です。

波板屋根①

施工当初車庫の屋根はこのような状態でした。

先ずは木部の塗装から始めます。

木部 下塗り

波板を剥がす前に一度下塗りを行います。

木部の下塗りは、上塗りが木に染み込みすぎなようにするために重要です。

下塗りが乾いたのを確認したら、古い波板を外して上塗りをしていきます。

 

今回は外壁に合わせて、ブラウン系ではなく黒色の塗料を使いシックに仕上げています。

木部の塗装が完了したら次は波板を交換していきます。

 

 

波板はポリカーボネート波板を使用します。

この素材は、耐衝撃性に優れています。

また、難燃性、耐熱・耐寒性、耐候性に優れており、耐久性においても大変優秀です。

今回のような車庫のシチュエーションでは、ポリカーネートはよく使われています。

ガルバリウム鋼板を選択する場合もありますが、日光を通さないという特徴があるので、希望にあった波板を選びましょう。

 

以上作業が完了し出来上がったのがこちらです。

塗装後 車庫

これで雨の日でも安心して乗り降りしていただけますね!

車庫のメンテンス程度なら、DIYで直してしまう方もいますが、

今回のように外壁と一緒にご依頼いただければ、プロがしっかりとメンテンスさせていただきます。

 

これでI様邸での全施工が終わりました。

I様今回弊社をご利用いただき誠にありがとうございました。