塗装工事の現場レポート

足立区 塗装工事 コーキング撤去 Mハイツ

東京都足立区シーリング

 2021年9月4日

コーキング

今回紹介するのは、足立区のK様よりご依頼いただきました、

アパートの塗装工事について紹介させていただきます。

 

今回行ったのは、コーキングの撤去作業です。

コーキングとは、外壁材同士の間や外壁と窓のサッシ部分の間など

建物を建てる時に生まれる隙間や溝などを弾性の目地材で埋めることです。

コーキングは塗装と同じく10年ほどの寿命で、

寿命を迎え劣化しし始めるとひび割れや肉痩せ、ひどい場合だと真ん中から割れてしまう破断という状況になります。

コーキングコーキングコーキング

このMハイツ様もコーキングが寿命を迎えて、複数箇所で先ほど述べたような問題が発生しておりました。

 

コーキングは主に二つの役割があり、一つ目は隙間に雨が入り込むのを防ぐ役割です。

ですので、コーキングが劣化し、内部が露出すると雨漏りのリスクが高まるという訳です。

二つ目は、外壁材同士がぶつかったりこすれたりするのを防ぐ役割です。

建物に使われている材料の多くは、気温や季節による環境によって伸び縮することがあります。

そのため、ゴム製にコーキングがなければ、その伸び縮みを繰り返すたびにお互いを気づ付けてしまい、破損してしまう恐れがあります。

以上の役割を持っているため、放置せず、見つけたらすぐに業者へ相談することをオススメ致します。

 

今回の紹介は以上です。

“N”

お問い合わせ