塗装工事の現場レポート

埼玉県八潮市 サイディングの下塗り 関西ペイント:
アレスダイナミックシーラー

八潮市埼玉県外壁塗装下塗りサイディング

 2021年10月10日

外壁塗装の画像

本日の現場レポートは埼玉県八潮市の塗装現場にて外壁塗装の作業をご紹介致します。

こちらのお家の外壁はサイディングで仕上げられています。

 

サイディングは柄を施した意匠性に優れる外壁材で、現在の住宅に多く普及しています。

サイディングには窯業系と金属系の種類があり、こちらのお家は窯業系のサイディングになります。

 

窯業系はセメントが原料となっていますので、定期的に塗装をしないと基材が傷んでしまうため注意が必要です。

外壁の塗装の状態を一般の方が見ただけで判断するのはなかなか難しいかと思いますので、劣化していそうだったり、年数が経っている場合は専門業者に依頼して状態を見てもらうことをお勧めします。

 

東京外壁塗装専門店は無料で建物診断を行っておりますので、お家のことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

当社は専門スタッフがお客様お立ち合いのもと建物の状態や必要なメンテナンスについてご説明をさせていただきます。

 

無料診断の詳しいことについてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

塗料の画像

 

外壁塗装はまず下地処理を行なってから下塗りを行います。

下地処理はケレンなどの作業があり、塗料が下地にくっつきやすくなるように塗布面を磨いて状態を整えておきます。

下地処理は塗装の耐久性に影響してきますので念入りに行うことが重要です。

 

下地処理についてはこちらの「外壁塗装」をご覧ください。

 

下地処理後は下塗りです。

下塗り剤には関西ペイントのアレスダイナミックシーラーを使いました。

下塗り剤は塗料と下地の密着性を高める役割があります。

 

下地に塗料が密着していないと、どんなに耐久性の高い塗料で塗装してもすぐに剥がれてしまいますので、下塗りの工程も非常に大切になってきます。

長持ちする塗装に仕上げるには一つ一つの工程を丁寧に行なっていくことがとても大切です。

 

塗装工事の工程についてはこちらの「塗装工事の流れ」をご覧ください。

 

外壁塗装の画像

 

下塗りにも適切な塗膜厚がありますので、塗布後はしっかり塗膜厚が確保できているか確認します。

下塗りが完了したら次は仕上げ剤で上塗りをしていきますが、今回の現場レポートはここまで。

続きは次回の現場レポートでお伝えしていきますので、ぜひ次回もご覧ください。

 

塗装工事をご検討している方はこちらの「当社の強み」も良かったらご覧になってください。

“mu”

 

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。