塗装工事の現場レポート

埼玉県八潮市 サイディング外壁 タッチアップ①

八潮市埼玉県外壁塗装

 2021年10月22日

施工前の画像

本日の現場レポートはサイディングのタッチアップの作業をご紹介します。

タッチアップとは一部傷があるところを部分的に塗装をして目立たなくする補修方法です。

タッチアップするには既存の色に合わせないとかえって目立ってしまいますので、塗装の経験と技術が必要です。

 

それではタッチアップの作業をお伝えしていきます!

 

サイディングのタッチアップ

施工前の画像

 

上記の写真は施工前のサイディングです。

角のところの塗装が剥がれてしまっています。

ここの傷はそこまで範囲が広くありませんが、クリア塗装をすると傷はそのまま残ってしまいますので、塗装をしたのに傷が残っている状態はどこか中途半端な感じがしてしまいます。

これくらいの傷ならタッチアップすれば目立たなくなりますので、クリア塗装をご検討している方はタッチアップで傷を目立たなくさせてからクリア塗装を行いましょう。

 

サイディングは豊富なデザインのラインナップがあり、意匠性に優れている外壁材です。

普及率は高く、現在の住宅に多く採用されています。

サイディングにもグレードがあり、無機塗装がされているものもあるため詳しいメンテナンスは外壁材の使用を確認していただきたいのですが、一般的なサイディングの場合は表面にコーティングが施されていて、経年劣化を起こしますので、定期的に塗装をする必要があります。

 

サイディングは石目調やレンガ調などの柄があってデザイン性が高いですので、塗装をするときはデザインを活かせるクリア塗装をすることもあります。

クリア塗装は文字通り透明の塗料ですので、サイディングの柄を潰すことなく塗装で外壁を保護することができます。

クリア塗装はサイディングの状態で仕上がりが変わってきますので、もし外壁がサイディングの場合は塗装業者に依頼して状態を見てもらってからクリア塗装を検討しましょう。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、なにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

サイディングのタッチアップ 施工後

サイディングタッチアップの画像

 

さて、ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、上記の写真がタッチアップをした後です。

施工前と比べて傷が目立たなくなったのがわかるかと思います。

既存のサイディングの色に似せて調色を行いましたので、タッチアップしたところと既存のところの違いが見分けづらいかと思います。

まだまだタッチアップの作業をご紹介していきたいのですが、今回は少し長くなってしまいましたのでここまでです。

続きは次回の現場レポートでお伝えしますので、ぜひ次回もご覧になってください。

 

外壁塗装をご検討している方はぜひ当社にご相談ください。

 

当社についてはこちらの「当社の強み」をご覧ください。

 

お問い合わせはこちらから

 

“mu”

 

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。