塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区東水元 S様邸 サイディング 目地コーキングの打ち替え

東京都葛飾区シーリング

 2021年10月28日

目地コーキング打ち替えの画像

本日の現場レポートは東京都葛飾区東水元の現場にてサイディンの目地コーキング打ち替えを行いました。

サイディングは外壁同士が干渉しないように目地を設け、そこにコーキングを充填しています。

コーキングは弾力があり、建物の揺れの衝撃を和らげる効果があります。

目地のコーキングは定期的に打ち替えが必要ですので、外壁塗装の際は一緒に打ち替えることをお勧めします。

それでは目地コーキングの作業を見ていきましょう!

 

当社についてはこちらの「当社の強み」をご覧ください。

 

【コーキングの劣化症状】

コーキングは太陽の紫外線などが原因して経年劣化していきます。

年数が経つと以下の劣化症状が出てきますので、メンテナンスをするサインを見逃さないようにしましょう。

 

・ひび割れ

・伸縮による隙間

・弾力がなくなり硬くなる

など

 

コーキングの劣化で一番注意しておかなければいけないのが水が入ってしまうことです。

ひび割れや縮みで隙間ができてしまうと、そこが水の侵入口となってしまい雨漏りを引き起こしてしまう可能性があります。

雨漏りは建物の状態を悪くさせるばかりか、シロアリを寄せ付ける原因となりますので、被害が出る前にコーキングを新しくしておくことが大切です。

 

【目地コーキングの打ち替え 工程】

【既存コーキング剥がし】

目地コーキング打ち替えの画像

既存コーキングを剥がします。

古くなったコーキングは弾力がなくなり硬くなっていますので、カッターを使うときは外壁を傷つけてしまわないように注意しましょう。

 

目地コーキング打ち替えの画像

カッターでコーキングを切断するときは力が必要になり、勢い余って外壁を傷つけてしまう可能性がありますので、慎重に作業を行うことが大事です。

 

目地コーキング打ち替えの画像

また、コーキングを撤去するため、作業中に雨が降ってしまっては壁内に水が入ってしまいますので、作業を行うときは天気にも注意しておく必要があります。

コーキングの打ち替えを行う日は、あらかじめ天気予報で雨が降らないことを確認して日程を決めていきます。

 

【養生〜プライマーの塗布】

目地コーキング打ち替えの画像

既存コーキング撤去後はマスキングテープで養生します。

 

目地コーキング打ち替えの画像

その後はコーキングが密着しやすくなるようにプライマーを塗ります。

 

【コーキングの充填】

目地コーキング打ち替えの画像

コーキングを充填していきます。

コーキングは時間が経つにつれて硬化してきますので、手際良く作業を行うことが大切です。

作業中にコーキングが固まってしまうと仕上がりが悪くなってしまいます。

水が入ってしまっては元もこうもありませんので、奥までコーキングを充填して隙間ができないようにスピーディーに作業を行うことです。

コーキング充填後はヘラで表面を均し、最後にマスキングテープを剥がして作業完了です。

 

コーキングの打ち替えについてはこちらの「コーキングについて」もご参考ください。

 

【目地コーキングの打ち替えは外壁塗装と一緒がおすすめ】

目地コーキングの劣化は雨漏りの原因にもなりますので、外壁塗装と一緒に行うことをお勧めします。

メンテナンススケジュールも外壁塗装に合わせておくことで、何度も工事をすることがなくなり効率良くメンテナンスを行うことができます。

メンテナンスコストの節約にもつながりますので、外壁塗装の際は目地コーキングの打ち替えもぜひご検討ください。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、メンテナンスの際はお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

“mu”

 

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

 

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】