塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区東水元 S様邸 現場養生 養生材:
ブルーシート、マスカー

東京都葛飾区外壁塗装養生下塗り

 2021年11月7日

現場養生の画像

東京都葛飾区東水元のS様邸にて現場養生を行いました。

現場養生は塗装工事の基本といってもいい工程です。

養生とは?と思う方もいらっしゃるはず。

養生とは簡単に言いますと保護するということで、現場を傷つけたり、汚したりしないようにブルーシートやマスカーなどを使って現場を保護していきます。

それでは現場養生の作業をご紹介していきます!

 

当社は無料診断を行っておりますので、塗装工事をご検討している方はお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

【現場養生の大切さ】

現場養生の画像

外壁塗装はあまり汚れが出ない工事に思えますが、ケレンなどで埃やゴミが飛散し、塗料も周りに飛んでしまうことが多くあります。

他のリフォーム工事と比べると比較的汚れや傷がでにくい工事ではありますが、ちゃんと養生をしておかないと手直しや清掃の手間が増えてしまいます。

塗装をしたところを傷つけてしまったり、他の塗料がついてしまったりすると品質も落ちるため、作業を行う前にしっかり養生をして現場を守っていくことが大切です。

 

塗装工事でよく使う養生材は以下になります。

 

・ブルーシート

・マスカー

・マスキングテープ

 

マスキングテープは知っている方も多いかと思いますが、マスキングテープも塗装用があります。

粘着力がテープによって違い、選び方を間違えてしまうとテープの跡が残ってしまうことも。

粘着力が強くて塗装を剥がしてしまうこともありますので、使用する場所に合わせて適したマスキングテープを選ぶことが大切です。

現場養生の画像

作業中に塗料が垂れてしまうこともあります。

地面にはブルーシートを敷いておきます。

少し見づらいかもしれませんが、窓にはマスカーというビニールとテープが合わさった養生材で覆っています。

マスカーはビニールの端にテープがはじめからついていますので、ビニールを広げながら養生したいところに貼り付けることができる便利な養生材です。

屋外はもちろん屋内にもマスカーは使えます。

ホームセンターでも購入ができますので、その手軽さがいいですね!

 

養生については「塗装工事の流れ」でもお伝えしておりますので、ぜひこちらもご覧ください。

 

【養生は塗装の品質に影響します!】

きれいに養生している現場は工事の品質も高い

養生はこう言われるくらいに非常に重要な作業です。

工事が終わる時はすべて養生を剥がしてしまいますので、その効果はあまり実感がないかもしれませんが、工事期間中にお客様のお家のまわりが汚いのはあまり気分がいいとは言えないかと思います。

工事期間中でもきれいな状態を保っている方が気持ちよく過ごすことができるかと思います。

これからお家のメンテナンス工事をご検討している方は、ぜひ今回ご紹介した養生の大切さを知っておいていただきたいです!

 

塗装は建物を守るために必要なメンテナンスです。

こちらの「外壁塗装・屋根塗装の必要性」で詳しくお伝えしておりますので、ぜひご参考にしてください。

“mu”

 

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】