塗装工事の現場レポート

東京都江戸川区 外壁塗装工事 鉄部 水切りと出窓の下地処理〜塗装

東京都江戸川区外壁塗装下地処理上塗り付帯部塗装鉄部塗装

 2021年11月20日

水切り清掃の画像

東京都江戸川区の外壁塗装工事の現場にて、鉄部の水切りと出窓の下地処理〜塗装を行いました。

付帯部は建物によって違いますので、塗装をされる際はどこを塗装するのかご自分でも把握しておきましょう。

塗装箇所は見積もりの内訳に記載されています。

 

見積もりの内訳には使用する塗料も書いてありますので、工事前に見積もり内容をよく確認しておくことをお勧めします。

 

見積もりについてはこちらの「外壁塗装・屋根塗装の相場価格」をご覧ください。

 

【水切り 下地処理〜塗装】

水切りのケレンの画像

 

水切りは外壁の下部や幕板などの取り合い部に取り付けられている鉄部材です。

水切りは名前にもあるように水に関係している部材で、水が壁内に入ってこないようにする目的があります。

下地処理前は古い塗装が残っていたりと塗装が付着しにくい状態ですので、ケレンを行なって塗布面を調整していくことが大切です。

 

下地処理のケレンについては「鉄部塗装の下地処理「ケレン」の重要性」でもお伝えしておりますので、ぜひこちらもご覧ください。

 

水切り塗装の画像

下地処理が完了したら塗装です。

水切りは鉄ですので下塗りに錆止めを塗ります。

下塗り後は仕上げ剤で塗装です。

 

普段はあまり気にしないところかもしれませんが、外壁塗装をすると古いところがかえって目立ってしまいますので、塗り残しがないようにしましょう。

 

【出窓の塗装】

庇ケレンの画像

続いて出窓の塗装です。

出窓の屋根のところはスチールですので、経年劣化してくると色褪せてきます。

こちらも塗装をしていきます。

塗装工程は他の鉄部と基本的に同じです。

下地処理を行なった後に錆止めを塗布し、仕上げ剤で塗装をしていきます。

下塗り剤は素材によって違い、一般的に鉄部は錆止めを塗ります。

 

塗料はたくさん種類がありますので、塗料選びの際はぜひ当社にご相談ください。

 

当社は建物診断を行った後にお客様のご要望を考慮して最適な塗料や工事をご提案させていただいております。

 

建物診断は無料で実施しておりますので、お家のことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

塗料はこちらの「塗料について」をご覧ください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

塗装は建物全体を行なっていくことが大切です。

塗装箇所は見積もりの内訳に書いてありますので、塗り残しがないようによく内容を確認してから工事を行いましょう!

“mu”

 

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】