塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 S様邸 サイディング 外壁の下塗り

東京都葛飾区外壁塗装下地処理下塗りサイディング

 2021年12月10日

サイディングの下塗りの画像

東京都葛飾区S様邸にてサイディング外壁の下塗りを行いました。

サイディングはストーン柄。

目立った外傷はありませんでしたが、塗装の劣化により色褪せてきている状態です。

窯業系のサイディングは塗装が劣化すると水を吸ってしまいますので、定期的に塗装をする必要があります。

長期間水を吸ってしまう状態だとサイディングが脆くなって損傷してしまう恐れがありますのでご注意ください。

 

劣化症状についてはこちらの「外壁塗装・屋根塗装の必要性」をご覧ください。

 

【サイディング 下塗り】

サイディングの下塗りの画像

 

外壁の塗装を行うときは開口部や玄関、ガラリなどの部材に塗料がつかないように養生をします。

養生は工事の基本ですので、しっかり行なっておくことが大切です。

 

養生についてはこちらの「塗装工事の流れ」をご覧ください。

 

塗装は下地処理を行なった後に下塗りを行います。

下塗りにはシーラーを塗りました。

下地処理と下塗りは、この後に塗る仕上げ剤の密着にとても関わります。

下地にしっかり密着していないと塗装はすぐに剥がれてしまいます。

長持ちする塗装に仕上げるには土台がしっかりできていないとダメですので、下塗りが仕上げ剤のくさびとなるようにしっかり外壁に塗り込んでいきます。

 

【下塗り剤は外壁の状態や素材に合わせて選ぶことが大切です!】

下塗り剤にもシーラーやフィラーなどがあります。

下地が傷んでいると塗料の吸い込みが多くなり、密着性も落ちてしまいますので、こういったケースでは、より密着性を重視したカチオン系シーラーという塗料を選ぶことがあります。

最適な塗料を選んでいくためには、施工する建物のことをよく知っていることが大切ですので、お客様からお問合せをいただいた後は必ず建物診断を行ってから工事プランをご提案させていただいております。

お家のメンテナンス工事でしたらお力になれると思いますので、なにかお困りのことがございましたら、ぜひ当社にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】