塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 F様邸 サイディング目地 シーリング打ち替え オートンイクシード

東京都葛飾区シーリング

 2022年2月3日

シーリング剥がしの画像

東京都葛飾区F様邸にてサイディング目地のシーリング打ち替えを行いました。

サイディングは隣り合う外壁材同士が干渉しないように目地を設けて施工されています。

目地にはシーリングが打たれていますので、定期的にメンテナンスが必要です。

それではサイディングの目地打ち替えの作業をご紹介していきます!

 

【サイディング目地の打ち替え】

シーリング剥がしの画像

まずは古くなったシーリングを剥がします。

シーリングのことをコーキングとも呼びますのでご注意ください。

シーリングが劣化してくるとひび割れや破断、浮きなどの症状がでてきますので、メンテナンスのタイミングを逃さないことが大切です。

 

プライマー塗布の画像

シーリングを剥がしたらプライマーを塗ります。

プライマーは接着剤の役割があり、目地に塗っておくとシーリングが剥がれにくくなります。

シーリング打ちの画像

シーリングはコーキングガンという専用の道具を使います。

充填する量に気をつけて隙間なく打っていくことが重要です。

シーリング打ちの画像

シーリングを充填できたらヘラで表面を整えて、養生を剥がしてシーリング打ちが完了です。

 

外壁がサイディングのお家の方はこちらの「サイディング張り替え工事と外壁塗装、どっちがおトク?」もご参考にしてください。

 

【長寿命シーリング剤 オートンイクシード】

材料の画像

こちらの現場で使ったのはオートンイクシードというシーリング剤です。

通常のシーリング剤の耐用年数は10年ほどですが、こちらはさらに耐久性を高めた長寿命型。

経年による硬質化を防ぎ、長期間追従性を維持してくれます。

値段は少し高くなりますが、優れた耐久性を持っていますので、トータルコストを考慮するとおすすめのシーリング剤になります。

シーリング工事をお考えの方は、ぜひオートンイクシードをご検討ください。

 

詳しくはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

当社は無料で建物診断を行っておりますので、お家のことで何かお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】