塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 T様邸 屋根塗装工事 下塗り プライマー塗布

東京都葛飾区屋根塗装下塗りスレートコロニアル

 2022年3月25日

屋根の下塗りの画像

東京都葛飾区T様邸の屋根塗装工事にて下塗りを行いました。

屋根は下地が痛みやすいため、下地処理と下塗りがとても重要になってきます。

下地に塗装がくっついていないと長持ちしませんから、塗料がよく浸透していくように念入りに塗り込んでいくことが大切です。

 

前回の現場レポートでは縁切りの作業を行いました。

下の現場レポートでその作業をお伝えしておりますので、まだ見ていない方はぜひこちらもご覧ください。

 

「現場レポート:東京都葛飾区 T様邸 屋根塗装工事 縁切り タスペーサーの取り付け」

 

それでは屋根塗装の下塗り作業をお伝えしていきます!

 

【屋根の下塗り プライマー塗布】

屋根の下塗りの画像

屋根の下塗りにはプライマーを塗りました。

下地が傷んでいますので、しっかり塗料が浸透するまで塗りこんでいきます。

下塗りは塗装の土台となる工程で、下地と上塗りのクサビの役割があります。

塗装は下地にくっついていないとすぐに剥がれてしまいますので、下塗りをして密着性を高めておくことが大切です。

 

これから塗装をお考えの方はこちらの「外壁塗装・屋根塗装の必要性」をご覧ください。

 

【屋根塗装の周期はいつごろ?】

塗装が必要な屋根はスレートやセメント瓦などです。

どちらもセメントを原料とし、塗装が劣化すると水を吸ってしまいますので、定期的に塗装が必要になります。

塗装を行う周期は塗られている塗料のグレードによりますが、だいたい10年を目安に塗り替えをご検討ください。

屋根は状態をすぐに確認できる場所ではありませんから、劣化していても見逃してしまいやすく注意が必要です。

当社は無料で建物診断を実施しておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】