塗装工事の現場レポート

東京都江戸川区西小岩 N様邸 鉄部の下塗り〜上塗り 錆が発生する前に塗装をしましょう!

東京都江戸川区下塗り中塗り上塗り付帯部塗装鉄部塗装

 2022年6月25日

東京都江戸川区西小岩のN様邸にて、本日は鉄部の下塗り〜上塗りを行いました。

鉄部は塗装が劣化していると錆が発生してしまい、素材を脆くさせてしまいます。

状態がひどくなると鉄自体が朽ちてしまい塗装だけでは対応できなくなりますので、状態が悪くなる前に塗装をして保護することが大切です。

東京外壁塗装専門店は無料で建物診断を実施しております。

お家のことでお困りのことや気になることなどがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

【鉄部 プライマー下塗り】

ケレンをした後にプライマーで下塗りをしました。

ケレンも下塗りも塗装の密着性に関わる大事な工程です。

塗装は下地に密着していないと長く保たせることができません。

しっかり下地に密着するように下地調整をすることが重要です。

 

ケレンについてはこちらの「外壁塗装のケレンってなに?必要性と気をつけておきたいポイント」をご覧ください。

 

【鉄部の上塗り】

下塗りができたら上塗りで塗装を仕上げていきます。

年数が経っていると塗布面が凹凸になっていることがありますので、ケレンで平滑にしておくことも大切です。

規定の塗膜厚になるまで塗り込んだら塗装完了です。

塗膜が薄くなっていると性能が落ちてしまいますので、塗膜の厚みをしっかり確保することが大切です。

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も工事で行った作業をご紹介していきますので楽しみにしていてください!

 

これから外壁塗装をお考えの方はこちらの「外壁塗装は必要?建物の劣化症状を解説します!」もご参考にしてください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】