塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 ALC目地シーリング工事 プライマー塗布

東京都葛飾区シーリング

 2022年7月5日

東京都葛飾区 ALC目地シーリング工事 プライマー塗布

東京都葛飾区の現場にてALC目地シーリング工事を行いました。本日はプライマー下塗りの作業をお伝えします。シーリングは建物の防水や気密を保つために施工されています。

耐用年数は5〜10年ほどで劣化してくるとひび割れや破断、剥がれなどの症状が出てきます。定期的にメンテナンスが必要ですので、外壁塗装をする際は一緒にシーリング工事もしておくことをおすすめします。

耐久性を高めたシーリング材もご用意しております。詳しくはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

 

【ALC目地 施工箇所の清掃】

東京都葛飾区 ALC目地シーリング工事 プライマー塗布

シールを打つ前にまず施工箇所の清掃をしておくことが大切です。外壁は埃や古くなった塗膜などの汚れが付着しています。この状態で施工しても付着力は落ちてしまうため、ハケを使って不純物を除去しておきます。

 

シーリング工事についてはこちらの「コーキングの役割と施工の流れ。外壁塗装とセットで行いましょう!」をご覧ください。

 

ALC目地 プライマー下塗り】

東京都葛飾区 ALC目地シーリング工事 プライマー塗布

清掃ができたらプライマーで下塗りをします。プライマーは接着剤のように密着性を高めてくれる効果があります。プライマーを塗っておくことで下地からシーリングが剥がれにくくなります。

 

施工箇所にプライマーを塗れたら次はいよいよシーリングを打設していきますが、今回の現場レポートはここまで。次回も引き続きシーリング工事の作業をお伝えしますので楽しみにしていてください!

 

東京外壁塗装専門店は無料で建物診断を実施しています。お家のメンテナンス工事でお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】