塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 S様邸 外壁塗装工事 目地コーキング撤去〜ボンドブレーカー取り付け

東京都葛飾区シーリングサイディング

 2022年8月12日

東京都葛飾区 S様邸 目地コーキング撤去〜ボンドブレーカー取り付け

東京都葛飾区のS様邸にて、サイディング外壁の目地コーキング打ち替え工事を行いました。本日は目地コーキング撤去とボンドブレーカー取り付け作業をご紹介します!

【目地コーキング 施工前と既存コーキング撤去】

東京都葛飾区 S様邸 目地コーキング撤去〜ボンドブレーカー取り付け

コーキングの耐用年数は5〜10年ほどです。劣化してくるとひび割れや破断などの症状がでてきますので、定期的に打ち替えが必要です。メンテナンスは外壁塗装と同じタイミングで行っておくのがおすすめです。

耐久性の高いコーキングもご用意しております。詳しくはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

東京都葛飾区 S様邸 目地コーキング撤去〜ボンドブレーカー取り付け

古くなっているコーキングを撤去しました。カッターで剥がしていきますが、劣化しているコーキングは硬くなっていますので、切り込みを入れるときに力の勢いで外壁を傷つけてしまわないように注意して撤去しました。コーキングを剥がすと隙間ができるため、作業を行う日は天候に注意しなければいけません。事前に雨が降らないことを確認して作業日を決めます。

コーキング工事についてはこちらの「コーキングの役割と施工の流れ。外壁塗装とセットで行いましょう!」をご覧ください。

【目地部ボンドブレーカー取り付け】

東京都葛飾区 S様邸 目地コーキング撤去〜ボンドブレーカー取り付け

2面接着するためにボンドブレーカーを取り付けました。

東京都葛飾区 S様邸 目地コーキング撤去〜ボンドブレーカー取り付け

ボンドブレーカーはテープ状になっていて、目地底面に取り付けます。ボンドブレーカーを取り付けると目地底面にコーキングがくっつかず、揺れに対して追従性をもたすことができます。揺れの干渉を緩和しますので、コーキングがひび割れしにくくなります。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。サイディングやALCなどの外壁は目地にコーキングが打たれていますので、外壁塗装と一緒にメンテナンスをおすすめします。当社は無料で建物診断を実施しておりますので、お家のことでお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

無料点検についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】