塗装工事の現場レポート

東京都台東区 屋根塗装工事 外壁と屋根の取り合い部 コーキング充填工事

東京都台東区屋根塗装シーリング防水工事下地処理スレートコロニアル

 2022年10月7日

東京都台東区 屋根塗装工事 外壁と屋根の取り合い部 コーキング充填工事

東京都台東区の屋根塗装工事にて、本日は外壁と屋根の取り合い部のコーキング充填工事をお伝えします!

コーキングのことをシーリングとも呼びます。(ここではコーキングで統一させていただきます)

コーキングは太陽の紫外線などで経年劣化してきます。コーキングが劣化するとひび割れや破断などの症状を起こし、水が入ってきてしまう恐れがありますから、劣化を放置せずに適切なタイミングでメンテナンスをしましょう!

当社は無料で建物診断を実施しておりますので、メンテナンスをお考えの方はお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

【外壁と屋根の取り合い部 コーキングの劣化】

東京都台東区 屋根塗装工事 外壁と屋根の取り合い部 シーリング充填工事

取り合い部とは二つの面が接するところを指します。その内角になる場所を入隅と呼んでいます。入隅は水が入らないようにコーキングで防水しています。屋根は劣化も早いですからコーキングがボロボロになっていました。

天窓がある屋根は定期的に点検とメンテナンスを行いましょう。

詳しくはこちらの「天窓の経年劣化は雨漏りの原因に!屋根工事と一緒にメンテナンスをしましょう!」でご説明しておりますので、ぜひご覧ください。

【外壁と屋根の取り合い部 コーキング充填】

東京都台東区 屋根塗装工事 外壁と屋根の取り合い部 コーキング充填工事

屋根の入隅は水が入る恐れがありますので、奥のコーキングは残しておきます。元々のコーキングを残して充填する方法を「増し打ち」と呼びます。

充填箇所の両端にはマスキングテープで養生し、プライマーで下塗りをしてコーキングの密着性を上げます。

東京都台東区 屋根塗装工事 外壁と屋根の取り合い部 コーキング充填工事

下塗り後はコーキングガンでコーキングを充填します。

東京都台東区 屋根塗装工事 外壁と屋根の取り合い部 コーキング充填工事

最後はヘラでコーキングの表面を均し、マスキングテープを剥がして工事完了です!

屋根塗装や屋根工事をするときは、一緒にコーキングも新しくしましょう!

 

コーキング工事についてはこちらの「コーキングの役割と施工の流れ。外壁塗装とセットで行いましょう!」もご覧ください。

 

“mu”

 

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】