塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 S様邸 外壁塗装工事 目地コーキング打ち替え コーキングの接着方法の違い

東京都葛飾区外壁塗装シーリング下地処理下塗りサイディング

 2022年11月4日

東京都葛飾区 S様邸 外壁塗装工事 目地コーキング打ち替え コーキングの接着方法の違い

東京都葛飾区S様邸の外壁塗装工事にて、本日は目地コーキング打ち替えについてお伝えします。

 

コーキングは外壁塗装と一緒がおすすめです。これから塗装工事をお考えの方は、ぜひご検討してみてください。

 

コーキング工事についてはこちらの「コーキングの役割と施工の流れ。外壁塗装とセットで行いましょう!」をご覧ください。

 

【目地コーキング打ち替え プライマー塗布】

東京都葛飾区 S様邸 外壁塗装工事 目地コーキング打ち替え コーキングの接着方法の違い

目地のコーキングは打ち替えで行うのが一般的です。増し打ちだとコーキングが薄くなってしまうため、効果は期待できません。窓や入隅など水が入りやすいところは除いて、その他は古くなったコーキングを剥がしてからコーキングを充填しましょう。

 

コーキング工事についてはこちらの「コーキングを施工する場所と充填する理由を解説!」もご参考にしてください。

 

【ボンドブレーカー取り付け 2面接着と3面接着の違い】

東京都葛飾区 S様邸 外壁塗装工事 目地コーキング打ち替え コーキングの接着方法の違い

コーキングは2面接着と3面接着があります。

これらの違いはコーキング底面が接着されているか、接着されていないかです。

 

工事を行うときは、既存と同じ手法にしましょう。

コーキングの接着面の違いで追従性が変わり、2面接着だと底面がくっついていないため、追従性が良くなります。

 

コーキングが追従できなくなるとひび割れてしまいますので、二面接着の場合はひび割れしにくいと言えます。2面接着はボンドブレーカーを取り付けて絶縁してからコーキングを充填します。

 

コーキング工事をお考えの方はこちらの「コーキングの役割と施工の流れ。外壁塗装とセットで行いましょう!」をご覧ください。

 

工事は事前に建物調査が必要です。東京外壁塗装専門店は無料で建物診断を実施しておりますので、メンテナンスをお考えの方はお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】