塗装工事の現場レポート

墨田区 Mマンション屋上防水工事 上塗り トップコート

墨田区防水工事中塗り上塗りマンション

 2021年5月6日

トップコート

本日も、前回に引き続き墨田区のMマンションから屋上防水工事についてご紹介いたします。

 

前回は、下塗りとドレン部分の補修作業を行いました。

今回は中塗り、上塗り、トップコートについて紹介します。

 

まずは下塗りを終えている防水シートの上から一度目の仕上げ塗料を塗布していきます(中塗り)。

上塗り一回目

防水シートの上からでも塗料はしっかり吸着するのは

下塗りが接着剤としての役割を果たしているためです。

 

仕上げ塗料が乾いたら、二度目の仕上げを行っていきます。

上塗り 二回目

塗装工事は下塗り、中塗り、上塗りの計三回行うことで、

塗装の層を厚くし、耐久年数を伸ばすことができます。

 

上塗りが終わった後はトップコート剤でより高い防水性を機能させます。

トップコート

写真の箇所は貯水部分であるため、一般的な防水塗装だけではカバーしきれない場合もあります。

トップコートは業者によって、中塗り、上塗りの仕上げ材として行う業者も多く、それで問題ありません。

しかし、先ほど紹介した通り、層が厚ければ耐久年数は伸びますので、

今回のように、防水性が求められる箇所には念を重ね、別でトップコートを行います。

 

今回の記事でMマンション施工紹介の記事は終了です。

普段屋上の防水状況は把握していない方も多く、雨漏りが発生してからでは家財に被害が及んでしまいます。

これから雨の日が増えてきますので、早めに対策しておきましょう。