塗装工事の現場レポート

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック

東京都下地処理

 2021年6月16日

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック (6)

東京都台東区のブロッケンビルにて、改修工事のご報告の続きです!

 

今回は下地補修の様子についてお伝えします。

 

外壁にはいくつかひび割れ(クラック)が発生していました。

 

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック (1)

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック (3)

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック (2)

 

ひび割れは大きいものだと雨水が侵入し、建物の腐食の原因となります。

クラックの状態によっては緊急性が高いものもあるので、

発見したらなるべく早めの調査依頼をオススメします。

「現地見積について」については、こちらのページです。

クラックは状態を良く見て状態に合わせた補修が必要です。

こちらはセメントでクラックを埋めている様子です。

 

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック (3)

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック (4)

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック (2)

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック (5)

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック (1)

一番下の写真はかなり奥までひび割れています。

 

今はセメントの色がかなり目立っていますが、

この後に塗装をするのでほぼ目立たなくなります。

 

こちらはプライマーといって、接着剤のような役割のある材料です。

クラックと、この後に充填するシーリングの密着力を高めます。

 

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック (6)

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック1 (1)

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック1 (3)

 

シーリングは防水性が高く、揺れに対して緩衝材の役割をしてくれるので、

ひび割れ補修にはもってこいの材料です。

シーリングを充填し、ヘラで奥まで押し込んで平に均します。

 

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック (1)

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック (5)

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック (3)

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック (4)

東京都台東区 ブロッケンビル改修工事 下地補修 クラック (2)

 

外壁塗装ではこのように塗装以外に悪くなった部分の補修も行ってから塗装に入ります。

「外壁塗装・屋根塗装の必要性」については、こちらのページです。

 

−N−

 

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。