塗装工事の現場レポート

江戸川区 外壁塗装工事 付帯部塗装・鉄部塗装 O様邸

東京都付帯部塗装鉄部塗装

 2021年7月16日

本日も前回に引き続き、江戸川区O様邸より外壁塗装工事の紹介をさせていただきます。

本日は下塗りでも少し紹介させていただきました、付帯部分の仕上げと付帯部分の塗装について詳しく説明していこうと思います。

 

先ず付帯部分の塗装とは、外壁や屋根以外で塗装を行う箇所の総称です。

主に雨戸、雨どい、水切り、軒天井、シャッター、木部の塗装などです。

今回紹介する付帯部分のメインは鉄部です。

 

鉄部の特長はツルツルしているためそのままでは塗装が難しいということです。

そのため、鉄部を塗装する際にはケレンという作業を行います。

ケレン作業は古い塗膜を剥がす際に行う工程ですが、鉄部の場合は

ヤスリや電気工具を使って、塗装部分に凹凸を発生させます。

そうすることで凹凸に塗料が吸着するのです。

また、古い塗膜やサビなどを同時に落とすことができるので、この作業は重要と言えます。

 

今回のO様の場合でもケレン作業を行ってからの塗装となります。

ケレン

ケレン作業をおこなったのち、外壁や屋根と同様下塗りを行い、仕上げ材を塗布していきます。

鉄部下塗り

他の細かな部分も塗装し、仕上げまで完了致しました。

以上、付帯工事の紹介でした。

 

今回の紹介で、O様邸の施工紹介は終わりです。

ここまで読んでくださいまして、ありがとうございました。

もし、建物の塗装についてお悩みがありました、お気軽ご相談ください。

必ず満足のいく塗装を致します。

お問い合わせ