塗装工事の現場レポート

葛飾区 外壁・屋根塗装工事 付帯塗装 破風板・雨樋 S様邸

東京都葛飾区外壁塗装屋根塗装付帯部塗装

 2021年7月26日

今回の記事は、前回に引き続き葛飾区のS様邸より

外壁・屋根塗装工事についてご紹介致します。

今回の主な内容は付帯塗装についてです。

前回は軒天井の塗装について紹介致しましたが、今回は雨樋と破風板の補修及び塗装を行っていきます。

 

まずは雨樋についてです。

雨樋は塩化ビニル製のものが多く、このような場合は同じく塩化ビニルを塗布することで耐久性が上がります。

塗装が劣化したまま放置すると、脆く欠損しやすくなります。

また、雨樋には塗装の必要がないものもあります。

雨樋

主にアルミ製のものや銅性のものは塗装による耐久性向上は見込めません。このような場合は美観性向上のためにのみ塗装を行います。

 

破風板はコーキングによって補修しています。

破風板は、雨・風を防ぐ、雨樋の基礎、防火性を高めるという役割を持っています。

破風板を劣化したまま放置すると、落下してしまうことや雨漏りに繋がる可能性があります。

メンテナンス方法としたは、塗装や重度の場合は交換になります。

今回は塗装によるメンテンスを行いますが、つなぎ目の部分の劣化が目立ちましたので目地材で補修を行いました。

 

今回の紹介は以上です。

次回は塗装工事について紹介致しますので、是非ご覧ください。