塗装工事の現場レポート

葛飾区 外壁塗装工事 コーキング補修工事 オートンイクシード① H様邸

東京都葛飾区外壁塗装シーリング

 2021年8月17日

コーキング

今回の記事では葛飾区のH様邸より

外壁塗装工事・コーキング補修工事についてご紹介させていただきます。

 

今回紹介するのはコーキングです。

コーキングとは、建物の隙間を弾性の目地材で埋めることです。

今回行うコーキング補修工事とは、

外壁における外壁材同士の間の補修が主な工事内容です。

外壁材同士の間にはコーキングを挟んで、直接触れないようにしています。

建物は呼吸をしており、気温や定期によって伸び縮みを繰り返しています。

先ほど述べた外壁同士が直接触れ合う場合、その伸び縮みを行うたびに外壁材同士がぶつかり、欠損を起こしてしまう場合もあります。

それを防ぐためにコーキングを行っているのです。

 

このコーキングは塗装と同じく寿命は十年ほどで劣化し始めます。

劣化すると、ひびが入ったり肉痩せが起こり下地がむき出しの状態になります。

その様な状態では、先ほど紹介した外壁材同士のぶつかり合いや内部への雨侵入など様々な問題が発生します。

そのため、定期的に点検し必要があれば修理する必要があります。

今回のように、塗装工事と同時に補修することをオススメしております。

今回はコーキングの紹介で終わってしまいましたので、次回は工事の様子について詳しく紹介致します。

また、当社がおすすめする、「オートンイクシード」についても紹介致しますので是非ご覧ください。

オートンイクシード