塗装工事の現場レポート

杉並区 外壁・屋根塗装工事 破風補修 S様邸

杉並区東京都外壁塗装屋根塗装シーリング付帯部塗装

 2021年8月25日

今回の記事は、前回の記事に引き続き

杉並区のS様邸より、外壁・屋根塗装工事についてご紹介させてただきます。

 

今回は破風の補修を行いました。

破風とは、屋根の妻側の端の部分のことを指します。
また、その破風に取り付けれた板のことを破風板と言います。

破風は、屋根への雨水の侵入を防ぐ役割、防火性を高める役割、雨樋の下地としての役割を持っており、名前の通り雨や風から家を守っています。

S様邸の破風はヒビ割れが起きており、かなりの損傷が見られました。

破風

やはり、このようにひび割れがありますと、雨が侵入し雨漏りが発生してしまいますので、補修の必要があります。

 

破風の補修は、外壁のひび割れと同じくコーキングでひび割れの部分を充填します。

破風

ただ、ひび割れが大きいため、通常のコーキングでは肉痩せがおきて再び隙間が空いてしまう可能性がありますので、

今回は「ジョイントシール」という弾性ではないコーキング材よりも固い目地材を充填し補強しました。

ひび割れを補修した後は、外壁と同じく下塗りを行った後、サンヴェールで塗装して完了です。

サンヴェール サンヴェール

 

以上で今回の記事は終わりです。

“N”