塗装工事の現場レポート

足立区 外壁塗装・付帯部塗装工事 外壁下塗り N様邸

東京都足立区外壁塗装下塗り

 2021年8月30日

アレスダイナミックフィラー

今回紹介するのは、前回に引き続き

足立区のN様邸より、外壁塗装・付帯部の塗装工事です。

 

前回までは、高圧洗浄やケレンなどを終え、下地調整は終えています。

今回から、いよいよ塗装の工程へと入っていきます。

下塗り 下塗り

今回行うのは外壁の下塗りです。

下塗りは塗装工程において最も重要な項目です。

防水性や耐候性などは表面に見える、仕上げ塗料というものです。

下塗り材は主に接着剤としての役割が大きいです。

下塗りは下地の上から塗り、其の上から仕上げ塗料を塗るという形になりますが、下塗りできで塗料全体の耐用年数は5年ほど変わるといわれています。

それほど重要な工程です。

 

今回下塗りには、「アレスダイナミックフィラー」を使用しています。

高機能塗料が多いことで有名なアレスダイナミックシリーズ専用の下塗り材です。

付着性が非常に高く、吸い込みが少ないため、上塗りの仕上がりがよりよくなります。

今回上塗り等はアレスダイナミックシリーズの塗料を使用する予定ですので、相性の良い下塗り塗料としてアレスダイナミックフィラーを選択致しました。

下塗り完了 アレスダイナミックフィラー

他の塗料については「塗料について」をご覧ください。

 

今回の紹介は以上です。

塗料はお客様のご要望や建物の状態を見て提案させていただいております。

何かご質問がありましたらお気軽にお問合わせ下さい。

“N”

お問い合わせ