塗装工事の現場レポート

江戸川区西小岩 外壁・屋根塗装工事 縁切り タスペーサー N様

東京都江戸川区外壁塗装屋根塗装

 2021年9月10日

タスペーサー

今回紹介するのは、前回に引き続き、

江戸川区西小岩井のN様邸より、外壁・屋根塗装工事について紹介させていただきます。

 

前回は、コーキングの補修について紹介させていただきました。

今回は塗装の前に行う縁切りという作業を行ってまいりましたのでご紹介させていただきます。

 

屋根はしたから上へ重なるように組み込まれていて、屋根材の同士には隙間が存在します。

じつはこの隙間は大変重要な役割を持っています。

屋根材と建物の間にも隙間が存在し、どうしても雨水の侵入や空気中の水分などの侵入を防ぐことはできません。

屋根材同士の隙間は、そのように入り込んでしまった水分を逃がすという役割も持っています。

また、隙間を作ることで空気の穴をつくり、乾燥しやすい状況になっています。

もしこの隙間がなければ中に水分が溜まり、内部の木材などが腐敗してしまうため、必ず隙間を作らなければなりません。

塗装を行うとこの隙間は閉じられてしまうため、縁切りという作業を行いことで隙間は空けます。

現在はタスペーサーという板状の道具を塗装前に挟み込み、塗装後それを外せばよいという訳です。

タスペーサータスペーサー

写真のようにタスペーサーを挟み込んでいきます。

 

今回の紹介は以上です。

“N”