塗装工事の現場レポート

葛飾区 外壁塗装・屋根葺き替え工事 クラック補修 コーキング H様邸

東京都葛飾区シーリング

 2021年9月22日

クラック補修

今回紹介するのは、前回に引き続き

葛飾区のH様邸より、外壁塗装・屋根葺き替え工事についてご紹介致します。

 

本日の記事では、タイトルの通り、クラックの補修作業をを行います。

先日の記事では、施工前点検・高圧洗浄の様子について紹介しておりますので、まだご覧になっていない方は合わせてご覧ください。

「葛飾区 外壁塗装・屋根漆喰補修工事 施工前点検 H様邸」

「葛飾区 外壁塗装・屋根葺き替え工事 高圧洗浄 H様邸」

 

クラックはコーキング材で補修します。

コーキングとは外壁材同士の間にある隙間や外壁と窓のサッシの間を埋めている弾性の目地材で充填する作業のことです。

建物は外気や季節の変化などで、伸び縮みしており、建物が呼吸しているといわれています。

コーキングの無いそのままの状態であれば、お互いを傷つけてしまい欠損してしまう可能性もあります。

先ほども述べましたが、コーキング材は乾くとゴムのように伸縮性ができ、建物の呼吸が起きた際のクッションとなります。

 

高圧洗浄で外壁を綺麗にし、

そこにプライマーを添付したら、新たなコーキング材を充填して、コテで成型したら完了となります。

クラック補修 クラック補修

コーキング材は当社でおすすめしているオートンイクシードを使用しています。

「コーキングについて」

 

今回の紹介は以上となります。

“N”

<p>江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。</p>