塗装工事の現場レポート

江東区 外壁塗装・クラック補修工事 クラック補修作業 コーキング S様邸

東京都その他外壁塗装シーリング

 2021年10月2日

クラックの補修

本日の記事は、前回紹介した、

江東区のS様邸より、外壁塗装・クラック補修工事について引き続きご紹介させていただきたいと思います。

 

前回の記事では、施工前に行いました点検で、建物の様子などについて紹介させていただきましたので、まだご覧になっていない方は、是非こちらからご確認いただければと思います。

「江東区 外壁塗装・クラック補修工事 施工前点検 S様邸」

クラック

 

今回はタイトルの通り、クラックの補修作業を行っていきます。

クラック補修は塗装を行う前に行います。

 「塗装工事の下地処理、下塗りは非常に重要です」

軽度なものであれば、塗装を重ねていくうえで、塞がってしまう場合も多いのですが、放置されて大きく広がっている場合では、クラックから塗料が入り込んでしまいますので、あらかじめ補修する必要があります。

クラックの補修には「コーキング」を使用します。

クラック補修

外壁材同士の間や、窓のサッシ部分などにも使用される弾性の目地材のことで、防水性が高く気密性

も向上します。

補修後すぐは、直した箇所が分かりやすくなっていますが、塗装を上から行うことで見えなくなりますので、ご安心ください。

クラックの補修

 

今回の紹介は以上です。

“N”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。