塗装工事の現場レポート

埼玉県八潮市 破風板 シーリング工事

三郷市埼玉県シーリング

 2021年10月7日

破風板シーリング工事の画像

埼玉県八潮市の現場にて破風板のコーキング補修の作業を行いました。

破風板は一枚の板で取り付けられているわけではなく、何枚か継いで取り付けられています。

 

破風板が継いであるところは隙間ができてしまうので、そこから水が入らないようにコーキングを打って防水処理をしています。

 

破風板の下には木下地がありますので、隙間があると濡れてしまい腐食してしまう恐れが。

さらに破風板のある場所は屋根ですので、もし腐食して交換や補修が必要になった時は高所作業となるため足場が必要です。

 

足場代は20万円ほどと思いのほか高く、設置するたびに費用がかかってしまうため、設置回数は極力減らしたいものです。

 

高所作業がある場合は1回の足場の設置で、できるだけまとめて行なっておくことが望ましく、その分費用の節約になります。

 

外壁塗装や屋根の塗装では足場を必ず設置しますので、破風板などの高い場所にある部材はこのタイミングでメンテナンスをしておきましょう。

 

足場代については「屋根工事と外壁工事はセットがお得!」でお伝えしておりますので、良ければこちらもご覧になってください。

 

破風板シーリング工事の画像

 

コーキングは太陽の紫外線などで経年劣化してきます。

コーキングの劣化症状はひび割れや伸縮による隙間などがあり、防水性の低下が懸念されます。

 

コーキングは建物のいろんなところに施工されていて、建物の防水を保っています。

劣化してしまうとその防水性も低下して、状態が悪くなっていると雨漏りを引き起こしてしまう恐れがあり、非常に状態には注意しておかなければいけません。

 

雨漏りは建物の性能をひどく落としてしまい、構造体の腐食やシロアリ被害を受けてしまう可能性があります。

長く住み続けていくためにも建物の状態には気をつけて定期的にメンテナンスしておくことが大切です。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、お家のことで何かお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

破風板シーリング工事の画像

 

コーキングを打ち替える際は、既存の古くなったコーキングを剥がし、その後にマスキングテープで養生をしてから新しいコーキングを打ちます。

コーキング充填後に塗装を行う場合は塗料の弾かない変性タイプのコーキングを使用する必要があります。

 

破風板シーリング工事の画像

 

外壁のクラック補修でもコーキングを使いますが、補修した跡が目立ってしまうのでは?という心配は問題ありません。

塗装をすれば補修した跡は目立たなくなりますので、外観状では気になることがないかと思います。

 

コーキングのことはこちらの「コーキングについて」でもお伝えしておりますので、良ければこちらもご覧になってください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も塗装現場の作業をご紹介していきますので、楽しみにしていてください。

“mu”

 

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。