塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区東水元 S様邸 屋根塗装 中塗り〜上塗り

東京都葛飾区屋根塗装

 2021年11月5日

屋根上塗りの画像

東京都葛飾区東水元にて屋根塗装の中塗りと上塗りを行いました。

セメント瓦は経年劣化してくると塗装が剥がれてきます。

セメントが原料のため塗装が劣化していると水を吸ってしまいますので、長持ちさせるためにも定期的に塗装をしておくことをお勧めします。

仕上げの塗装を行う前は下地処理と下塗りをしておく必要があります。

この工程が塗装の密着性に影響してきますので、適切な施工がされていることが大切です。

 

下地処理についてはこちらの「塗装工事について」をご覧ください。

 

それでは屋根の中塗りと上塗りの作業を見ていきましょう!

【屋根塗装 中塗り〜上塗り】

屋根中塗りの画像

仕上げ剤で塗装をしていきます。

1回目の塗装が中塗りです。

中塗りと上塗りで工程を分けていますが、同じ塗料を塗っています。

なぜ分けて塗装をしているかというと、塗料は1回に塗れる量が決まっているからです。

塗布量は使用する塗料によって異なりますので、詳細はメーカーの施工マニュアルを確認する必要がありますが、最初の塗装でたくさんの量を塗ってしまうと浮きや膨れを起こしてしまう可能性があります。

これは塗料に含まれる水分が影響しているためで、水分が残っているうちに塗り重ねてしまうことで施工不良を起こしてしまいます。

一般的に塗料の施工マニュアルには乾燥時間と適用する気温や湿度などが記載されています。

天候により適切な乾燥時間が変わってくるため、正しく現場判断を行って作業を進めなければいけません。

屋根上塗りの画像

中塗りが完了したら上塗りです。

塗装には必要な塗膜厚がありますので、十分な厚みになっていることを確認することが大切です。

塗装は下地処理が大事、下塗りが大事、などいろいろあって一体どの工程が重要なの?と思われてしまうかもしれませんが、当然のことですがどれも手を抜けない重要な工程です。

一つ一つの工程が塗装の品質に影響してきますので、ちゃんと塗装の知識と技術を持っている職人がやらなければ長持ちする塗装に仕上げることはできません。

塗装は塗料を塗るだけ、と誰でもできそうなイメージがありますが、正しい施工をしていないとかえって建物の状態を悪くさせてしまう恐れがありますので注意しましょう!

【屋根塗装のやり方を間違えると雨漏りしてしまう?】

塗装は一見すると誰でもできそうと思ってしまうかもしれませんが、上述した通り間違った施工をすると建物の状態を悪くさせてしまいます。

特に屋根の塗装は縁切りなどの作業がありますので、失敗すると雨漏りを起こしてしまう可能性があります。

塗装は建物の性能を維持していくために必要なメンテナンスですので、ちゃんと実績のある業者に依頼することをお勧めします。

 

当社は地域密着、自社施工店で地道に技術を磨いてきました。

お家のメンテナンス工事のことならお力になれるかと思いますので、なにかお困りのことがございましたらぜひご相談ください。

 

当社についてはこちらの「当社の強み」でご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

“mu”

 

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】