塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区東水元 S様邸 屋根塗装 シリコン含浸シーラーEX

東京都葛飾区屋根塗装

 2021年11月3日

屋根の画像

東京都葛飾区東水元のS様邸にて屋根塗装の下塗りを行いました。

下塗りは塗装の密着性の役割があり、非常に重要な工程です。

それでは屋根の下塗り作業を見ていきましょう!

【下塗りの役割】

屋根下塗りの画像

今回は下塗り剤にシリコン含浸シーラーEXを塗布しました。

名前の通りシーラーの塗料で、下地深部にまで塗料が浸透し、より密着性を高めてくれます。

下塗り剤にはシーラーやフィラーがありますが、屋根の塗装ではシーラーを使うのが一般的です。

下塗り剤で塗装をしておくことがなぜ重要なのかというと下地に仕上げ剤を塗っても付着性が悪くあまり長持ちせずに塗装が剥がれてしまうからです。

 

また、劣化したスレートは塗料を吸い込んでしまうため十分な塗膜の厚みを確保することができません。

もちろん塗膜が薄くなれば耐久性が落ちてしまいますので、太陽の影響を受けやすい屋根だとすぐに塗装はダメになってしまうでしょう。

建物に使われる塗料は塗膜を作って下地にくっつく仕組みとなっているため、下地から塗装が剥がれてしまっては意味がありません。

そこで下地との密着性を高める役割を持っているのが下塗りで塗布するシーラーです。

接着剤の役割があり、下地塗り剤の塗膜が間に入ることで塗料の吸い込みも抑えることができます。

塗装をお考えの方はシーラーが塗装の接着剤の役割を担っているということを押さえておきましょう!

 

塗装工程についてはこちらの「塗装工事の流れ」をご覧ください。

 

【塗装の耐久性を決める下地処理も重要!】

屋根下塗りの画像

塗装では下地処理も耐久性を左右する大切な工程になります。

下地処理は塗装前に行う工程で、下地処理を行う前の塗布面は荒れているため、塗装がくっつきにくい状態です。

ちゃんと塗装が密着してくれるように、下地処理を行なって塗布面を調整しておくことが大切です。

下地処理はケレンというペーパーヤスリやヘラなどを使って、塗布面に付着する旧塗膜を除去したり、平滑にしたりします。

こうすることで塗装がくっつきやすくなりますので、より耐久性の高い塗装に仕上げることができます。

 

下地処理の重要性については「塗装工事について」でもお伝えしておりますので、こちらもぜひご参考にしてください。

 

本日の現場レポートでは下塗りや下地処理の重要性についてお伝えしました。

外壁塗装も屋根塗装も一つ一つの工程を丁寧に行なっていくことが品質の高い塗装に仕上がっていきます。

長持ちする塗装に仕上げて欲しいという方は、当社がお力になれるかと思いますので、ぜひお声がけください。

 

当社は無料で建物診断を実施しております。

塗装をご検討の方はぜひご利用ください!

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

“mu”

 

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】