塗装工事の現場レポート

東京都千代田区 窓のコーキング打ち替え 開口部は雨漏りを起こしやすいので注意

東京都その他シーリング防水工事

 2021年11月28日

コーキング打ちの画像

東京都千代田区の現場にて窓のコーキング打ち替えを行いました。

窓などの開口部は雨漏りを起こしやすいですので、コーキングが劣化していたら新しくしてあげましょう。

それでは本日行ったコーキング打ち替え作業をご紹介していきます!

【窓のコーキング打ち替え】

施工前の画像

コーキングは劣化してくると硬化し、ひび割れや隙間ができます。

水の侵入口となって打ち替えをしておかないと雨漏りしてしまいますので注意しましょう。

コーキングの寿命はおよそ5~10年ほどです。

これくらいの年数は外壁塗装と被りますので、外壁塗装を行うタイミングでコーキングの打ち替えもご検討ください。

コーキング剥がしの画像

コーキングをカッターで剥がしていきます。

劣化したコーキングは固くなっていますので、勢いで周りを傷つけてしまわないように慎重に行うことが大切です。

コーキング打ちの画像

既存コーキングを剥がしたらマスキングテープで養生をします。

マスキングテープを貼っておくことで、余計なところにコーキングが付かず、きれいに仕上げることができます。

コーキングは粘性がありますので拭き取るのが大変です。

もしコーキングが付いてしまうと拭き取る手間が増えてしまいますので、あらかじめマスキングで養生をしておくことが大切です。

 

養生については「塗装工事の流れ」でもお伝えしておりますので、ぜひこちらもご参考にしてください。

 

養生後はコーキング充填箇所にプライマーを塗布します。

プライマーは塗装でいうとシーラーと同じ役割があります。

プライマーを塗っておくことでコーキングが下地から剥がれにくくなります。

施工後の画像

プライマー塗布後はコーキングガンという専用の道具を使ってコーキングを充填していきます。

コーキングにはカートリッジ式と2液型があり、手軽に使えるのがカートリッジ式です。

2液型は主材と硬化剤を混ぜる手間が必要ですが、施工範囲が広い場合に適しています。

コーキング充填後はヘラで整えて、養生を剥がし、作業が完了となります。

【長寿命のコーキングがおすすめ】

一般的なコーキングは5~10年ほどが耐用年数ですが、オートンイクシードは最長30年と超高耐久コーキングです。

コーキングの打ち替えは高所作業も含まれるため足場の設置が必要です。

コーキング工事をするたびに足場を設置するとなると費用も高くなってしまいますので、耐久性の高いコーキングを御検討してみてはいかがでしょうか。

 

当社はコーキングのメンテナンス工事を承っておりますので、コーキング工事をご検討している方はぜひお声がけください。

30年耐久のコーキングはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

 

当社については下のページをご覧ください。

「当社の強み」

 

「現地見積について」

“mu”

 

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】