塗装工事の現場レポート

東京都千代田区 外壁補修 施工前〜シーリング充填〜塗装

東京都その他外壁塗装シーリング防水工事

 2021年11月27日

施工前の画像

東京都千代田区の現場にて外壁補修を行いましたので、本日は施工前~シーリング充填~塗装の作業をお伝えしていきます。

外壁にクラックが生じると水が入ってくるため、建物の耐久性が落ちてしまいます。

 

今回ご依頼いただいた建物は外壁がコンクリートのため、クラックから水が入ると鉄筋にまで影響を及ぼし、状態がさらに深刻化してしまうと錆が発生して耐震性まで落ちてしまいます。

建物にクラックがある場合は、早めに対処することが大切ですので、もしクラックを確認できたら放置せず専門業者に依頼して修理しましょう。

 

当社は無料で建物診断を行なっておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

【外壁のクラック 施工前】

施工前の画像

上の写真は施工前の状態です。

クラックの範囲は大きく、複数箇所に起きています。

 

施工前の画像

こちらはだいぶ痛みが進んでいるようで、下地まで剥落してしまっている状態です。

損傷したところはシーリングを充填して直していきますが、塗装も剥がれてしまっているため再度パターン付けしていく必要があります。

 

【外壁クラック コーキング補修】

シーリング補修の画像

クラックしているところにコーキングを充填していきます。

しっかりと下地に密着していることが大切ですので、プライマーを塗っておきます。

 

シーリング補修の画像

充填した箇所はこの後に塗装をして仕上げていきますので、なるべく平らに均しておきます。

ここまで損傷が大きいと補修跡は残ってしまいます。

なるべく補修した跡を目立たせたくない場合は、損傷が大きくなる前に補修することが大切です。

 

施工後の画像

クラックを補修した箇所は追従性を持たせておく必要がありますのでフィラーを塗布します。

下塗り剤にはシーラーとフィラーがあり、フィラーはシーラーよりも塗膜に厚みがあり、伸縮するため建物の揺れに対して追従してくれます。

 

クラック補修した場所は他のところよりも揺れによる衝撃に弱いため、そのまま塗装をしてしまうと割れてしまう恐れがあります。

最近のフィラーはシーラーと同じように塗装が付着しやすくなる性能を持っていますので、フィラー塗布後に仕上げ剤で塗装をすることができます。

 

上の写真は補修後に塗装をしたところです。

クラックが大きかったため、跡は見えてしまいますが、これで水が入ることはなく、見栄えも施工前と比べて良くなりました。

 

建物を長く維持していくためには定期的にメンテナンスすることが必要です。

損傷が大きくなるほど工事規模は大きくなり、その分の費用も掛かってしまいますので、費用を抑えたい方は損傷が大きくなる前にメンテナンスをしましょう。

 

コーキング工事はこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

 

塗装工事の費用についてはこちらの「塗装工事の費用について」をご参考ください。

“mu”

 

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】