塗装工事の現場レポート

東京都杉並区 S様邸 塗装前の現場養生

杉並区東京都外壁塗装養生

 2022年1月12日

養生の画像

東京都杉並区のS様邸にて塗装前の現場養生を行いました。

養生は塗装工事の基本です。

品質に関わることですので、丁寧に養生を行いました。

養生という用語はあまり馴染みがないと思いますので、もしかすると知らない方もいるのではないでしょうか?

本日の現場レポートは、養生とはどんな意味で、どれくらい重要な作業なのかをお伝えしていきます!

 

【塗装の品質を左右する養生とは?】

養生の画像

養生は簡単に言いますと、現場を傷つけたり、汚したりしないように保護する作業です。

きれいな状態を維持するためには養生材というものを使っていきます。

塗装をするときは塗料が飛散しますので、玄関や窓、ガラリ、配管、雨樋などはビニール養生などで覆って塗料が飛んでも汚れないようにしときます。

【地面にもブルーシートを敷いて養生をします】

養生の画像

ベランダの床や地面にはブルーシートを敷いて養生をします。

これはケレンなどの下地処理の時にゴミや古い塗装のカスが落ちるためです。

養生をしておかないとゴミが地面に埋もれてしまって掃除がしにくくなりますし、現場もゴミが落ちてあまりきれいな状態とは言えません。

きれいな現場を維持していくためにも作業後の掃除がしやすいように整えておくことが大切です。

 

養生についてはこちらの「塗装工事の流れ」でも触れていますので、ぜひご参考にしてください。

 

塗料がくっついても後から拭き取ることは可能です。

しかし、拭き取るときに塗装したところや特殊なコーティングがされているところまで剥がれてしまう恐れがあります。

養生をしておけばこのようなことは起こりません。

塗装の品質を守っていくためにも養生はとても大切な工程ですので、これから塗装工事をされる方は養生の大切さを押さえておきましょう!

 

当社は無料で建物診断を行っております。

お家のことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

当社についてはこちらから

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】