塗装工事の現場レポート

東京都杉並区 S様邸 破風板 ジョイントシール補修

杉並区東京都シーリング

 2022年1月14日

破風板のジョイントシール補修の画像

東京都杉並区S様邸にて破風板のジョイントシール補修を行いました。

既存破風板はジョイントのところに隙間ができてしまっていました。

この状態だと水が入ってきてしまうため、シール剤で隙間を埋めました。

水が入ると腐食する恐れがありますので、塗装前に直しておくことが大切です。

 

当社は無料で建物診断を実施しておりますので、メンテナンスをお考えの方はぜひお声がけください。

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

【破風板 ジョイントシール補修】

施工前の画像

上の写真は施工前の破風板のジョイント部です。

破風板は一枚の板だけで仕上げられているのではなく、何枚か突きつけて施工されています。

接合部は隙間ができるためシール剤で埋めますが、劣化してくるとジョイントに隙間が生じてきます。

破風板のジョイントシール補修の画像

隙間があると水が入るだけでなく、このまま塗装をしても隙間のところがそのまま表に出てきて見栄えが悪くなります。

シール剤を充填して隙間を埋めました。

補修後は塗装をしますので、塗料を弾かない変性タイプのシール剤を使っております。

 

シーリング工事についてはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

【外壁塗装と一緒にシーリング工事も行なっておきましょう!】

破風板のジョイントシール補修の画像

シーリングが使われているところは、水が入らないようにしているため、シーリングが古くなっていたら新しくすることをお勧めします。

足場が必要なところにもシーリングは使われていますので、足場を設置する外壁塗装と同じタイミングで行いましょう。

同じタイミングで行えば足場代の節約になり、メンテナンススケジュールも合わせることができるため効率的に工事ができます。

 

足場についてはこちらの「屋根工事と外壁工事はセットがお得!」をご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】