塗装工事の現場レポート

東京都杉並区 S様邸 付帯部 水切りの塗装 下地調整剤ミッチャクロン

杉並区東京都下地処理下塗り付帯部塗装鉄部塗装

 2022年1月22日

水切りの画像

東京都杉並区S様邸にて付帯部の水切りの塗装を行いました。

本日は水切りのケレンと下塗りまでをお伝えします。

【下地処理 ケレン】

ケレンの画像

既存水切りは汚れが付着している状態ですので、ペーパーヤスリで研磨して汚れを除去します。

鉄部は錆が発生していることもあってちゃんと除去しておかないと塗装の付着力が落ちます。

 

下地処理についてはこちらの「外壁塗装」をご覧ください。

 

【水切りの下塗り 下地調整剤ミッチャクロン】

下地が傷んでいるとケレンだけでは塗装の密着性に不安があります。

このような時はケレンを行なった後に下塗り剤で密着性を高めます。

塗料の画像

そこで今回使用したのはプライマーのミッチャクロンです。

下塗りの画像

ミッチャクロンは付着性が悪い下地に有効です。

水切りにミッチャクロンを吹き付けて上塗り剤の密着性を高めていきます。

ミッチャクロンは亜鉛メッキ、ステンレス、アルミなどの金属やプラスチックなどの樹脂、ガラスなど多様な素材に対応しております。

塗装は下地に密着していないとすぐに剥がれてしまうため、付着性はとても大事です。

下地の痛み具合や素材によって塗装の付着力は変わりますので、現場ごとに状況判断していくことが大切です。

 

当社は工事を行う前に現地にて建物の状態を診断しております。

お家のメンテナンスのことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

鉄部は汚れや錆が付着していると塗装の密着性は落ちてしまいますので、ケレンや下塗りの工程が重要となってきます。

長持ちする塗装に仕上げるためにも正しい施工をされていることが大事です。

 

ケレンについてはこちらの「外壁塗装のケレンってなに?必要性と気をつけておきたいポイント」をご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】