塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 I様邸 サイディング張り替え工事 立ち上がり ルーフィング敷設〜笠木板金取り付け

東京都葛飾区防水工事サイディング

 2022年3月4日

施工後の画像

東京都葛飾区I様邸のサイディング張り替え工事にて、立ち上がりのルーフィング敷設〜笠木板金取り付けを行いました。

板金の取り付けやコーキング処理については下の現場レポートでお伝えしておりますので、まだ見ていない方はぜひこちらもご覧ください。

 

「現場レポート:東京都葛飾区 I様邸 サイディング張り替え工事 パラペット部の木下地と板金の取り付け」

 

「現場レポート:東京都葛飾区 I様邸 サイディング張り替え工事 柱の取り合い部のコーキング処理」

 

【ルーフィングの敷設】

ルーフィングの画像

ルーフィングは水の染み込みを防ぎます。

屋根にも敷設してあり、建物を防水するのにとても重要な防水材です。

板金やコーキングなどで水が入らないようにしていますが、これだけだと完全に防水ができているわけではありません。

経年劣化もしてきますから年数が経てばどうしても水が入ってきてしまうのですが、下地の上にルーフィングを敷いておけばそれ以上水が染み込んでいくことはありません。

 

防水のメンテナンスについてはこちらの「屋上・ベランダ防水工事が大切な理由」もご参考にしてください。

 

【笠木板金の取り付け】

笠木板金取り付けの画像

ルーフィングが敷けましたら板金を被せていきます。

板金はビスを打って取り付けました。

笠木板金取り付けの画像

角のところは「つかみばし」という道具を使って折り曲げます。

板金工事は手作業が多いため職人の腕が試されます。

防水に関わる工事が多いですから、雨仕舞いなど正しく施工することが大切です。

 

当社は建物のメンテナンス工事を承っておりますので、なにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

当社についてはこちらの「当社の強み」をご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】