塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 T様邸 外壁・屋根塗装工事 施工前の屋根の状態

東京都葛飾区屋根塗装

 2022年3月16日

施工前の屋根の画像

東京都葛飾区T様邸の外壁・屋根塗装工事にて、本日は施工前の屋根の状態をお伝えします。

屋根は風雨から建物を守っていますので、状態には注意しておきましょう。

下からでは屋根を確認することはできませんので、屋根の状態を知りたいという方は専門業者に依頼して点検してもらうことをおすすめします。

当社も無料で建物診断を行っておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

【施工前の屋根 劣化には注意!】

施工前の屋根の画像

今回ご依頼いただいたお家の屋根は劣化が進み屋根が色褪せていました。

この状態だと塗装の性能は落ちているため、スレートも水を吸ってしまっています。

また、棟板金には錆が発生していました。

点検すると下地が腐食しているところがありましたので、今回は下地と棟板金を交換していきます。

棟板金の交換は後日現場レポートでご紹介していきたいと思っておりますので、ぜひ楽しみにしていてください!

 

屋根工事についてはこちらの「屋根工事の基礎知識」もご参考にしてください。

 

【棟板金は強風に注意!】

台風など強風が吹く時期になると屋根工事のお問い合わせが増えます。

とくに多いのが棟板金が飛ばされてしまう被害です。

屋根はなにも遮るものがありませんから、風にあおられて棟板金や屋根材の破片が飛んでいってしまうことがあります。

まわりの建物や車に当たってしまうと傷付けてしまいますから、被害が出ないように定期的に状態を確認し、適切なタイミングでメンテナンスをしましょう。

 

屋根の破損や板金工事についてはこちらの「屋根の剥がれ、割れなど、屋根板金工事とは?」でもお伝えしておりますので、ぜひこちらもご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】