塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 T様邸 開口部のシーリング打ち

東京都葛飾区シーリング

 2022年4月3日

開口部のシーリング打ちの画像

東京都葛飾区T様邸にて開口部のシーリング打ちを行いました。

開口部は雨漏りを起こしやすい場所ですから定期的に状態を確認して、適切なタイミングでメンテナンスをしておくことが大切です。

今回は開口部のシーリング打ちの作業です。

外壁の取り合い部にあった隙間のシーリング工事は下の現場レポートでお伝えしておりますので、良ければこちらもご参考にしてください。

 

「現場レポート:東京都葛飾区 T様邸 シーリング工事」

 

それでは開口部のシーリング打ちの作業をお伝えしていきます!

 

【開口部は水が入りやすい?】

開口部のシーリング打ちの画像

開口部には隙間ができていましたのでシーリングを打って埋めていきます。

外壁から水が伝ってきますので、隙間があると水が入ってきてしまいます。

壁で隠れていますが、壁内には窓を設置するのに木で下地を組んでいます。

水が入ってきてしまうと下地が濡れて腐食してしまいます。

木が濡れるとシロアリを寄せ付ける原因にもなりますので要注意です!

 

雨漏りについてはこちらの「雨漏りを放置すると危険!」をご覧ください。

 

【開口部のシーリング打ち】

開口部のシーリング打ちの画像

施工面は汚れなどが付着していますからシーリングを打つ前に清掃しておくことが大切です。

下塗りにプライマーを塗布し、密着性を高めております。

シーリングを打つと表面がうねっていますので、最後にヘラで整えてあげると見栄えがきれいに仕上がります。

 

コーキングについてはこちらから

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】