塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 F様邸 外壁目地のシーリング打ち替え 既存剥がし〜マスキング養生

東京都葛飾区シーリング防水工事養生下地処理

 2022年5月5日

東京都葛飾区 F様邸 外壁目地のシーリング打ち替え 既存剥がし〜マスキング養生

東京都葛飾区のF様邸にて外壁目地のシーリング打ち替えを行いました。

本日は既存シーリング剥がしとマスキングテープ養生の作業をお伝えします。

外壁の目地シーリングは経年劣化してきますから定期的に打ち替えてあげましょう!

塗装と作業が被りますから工事を行うときは一緒に行うのをおすすめします。

 

外壁塗装についてはこちらから

 

【既存外壁目地シーリング剥がし】

東京都葛飾区 F様邸 外壁目地のシーリング打ち替え 既存剥がし〜マスキング養生

シーリングの工法は増し打ちと打ち替えがあります。

外壁目地は打ち替えで行います。

まずは古くなっているシーリングを剥がしていきます。

経年劣化しているシーリングは硬くなっていますので、外壁を傷つけないように注意して剥がします。

 

シーリングの劣化は雨漏りの原因になります。

雨漏りについてはこちらの「雨漏りを放置する危険!」をご覧ください

 

【外壁目地マスキングテープ養生】

東京都葛飾区 F様邸 外壁目地のシーリング打ち替え 既存剥がし〜マスキング養生

シーリングを剥がしたら目地のところにマスキングテープを貼って養生をします。

養生とは保護の役割があり、養生材を使って傷や汚れがつかないようにします。

硬化する前のシーリングは液体状になっていますが、粘り気があって外壁についてしまうときれいに拭き取るのが大変です。

養生をしておかないと外壁が汚くなってしまいますので、シーリングを打つ前にマスキングテープで養生しておくことが大切です。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も工事で行った作業をご紹介していきますので楽しみにしていてください。

 

コーキングについてはこちらから

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】