塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 F様邸 外壁塗装工事 軒天井と外壁の取り合い部のひび割れ ヘアークラック補修

東京都葛飾区外壁塗装屋根塗装シーリング防水工事屋根外壁点検

 2022年5月4日

東京都葛飾区 F様邸 軒天井と外壁の取り合い部のひび割れ ヘアークラック補修

東京都葛飾区のF様邸にて、本日は軒天井と外壁の取り合い部のひび割れとヘアークラックについてご紹介していきます。

建物は経年劣化してくるため定期的にメンテナンスが必要です。

劣化したままにしておくとさらに被害が大きくなる恐れがあり、建物の寿命を縮めてしまう原因となります。

これからも長く大切な建物を使っていくためにも適切なタイミングでメンテナンスをしましょう。

 

劣化症状についてはこちらの「外壁塗装は必要?建物の劣化症状を解説します!」をご覧ください。

 

【軒天井と外壁の取り合い部のひび割れ】

東京都葛飾区 F様邸 軒天井と外壁の取り合い部のひび割れ ヘアークラック補修

取り合い部とは部材同士が接するところです。

ここは隙間ができてしまうためシーリング材を充填して塞いであります。

こちらの現場では経年劣化で取り合い部にひび割れができていました。

ほんのわずかな隙間でも塗装をしたときに塗料を吸ってしまってきれいに仕上げることができなくなりますので、塗装前にしっかり下地処理しておくことが大切です。

 

下地処理についてはこちらの「外壁塗装」をご覧ください。

 

【外壁のヘアークラック補修】

東京都葛飾区 F様邸 軒天井と外壁の取り合い部のひび割れ ヘアークラック補修

ひび割れのことをクラックと呼びます。

クラックにはヘアークラックと構造クラックがあり、ひび割れの大きさで分けられています。

ヘアークラックはヒビの幅が0.3mm以下、ヒビ深さが4mm以下が目安になります。

ただし、ヒビが小さいように見えても実は構造体に影響しているケースもありますので、クラックを見つけたら専門業者に状態を見てもらうことをおすすめします。

 

当社は無料で建物診断を行なっておりますので、お家のことでお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

ヘアークラックはプライマーやシーリグで補修することができます。

補修後は塗装するため跡も目立たなくなります。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も工事で行った作業をご紹介いたしますので楽しみにしていてください!

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】