塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 F様邸 軒天井の塗装を行いました! エバーロック仕上げ

東京都葛飾区中塗り上塗り付帯部塗装

 2022年5月29日

東京都葛飾区のF様邸にて軒天井の塗装を行いました。

 

【傷んでいても気づきにくい?傷んでしまう前に塗装を!】

軒天井とは屋根の張り出し部分の天井のところです。

ここは直接雨に当たる場所ではありませんが、風が吹き込んでくるため思っているよりも汚れています。

また、屋根に繋がっているため湿気の影響を受けてしばらく塗装をしていないと傷んでしまっていることがあります。

軒天井は見上げないと傷んでいることに気づきませんから、そのまま放置されてしまっていることが多いです。

損傷が大きくなると張り替えをしなければいけなくなってしまいますので、状態が悪化する前に塗装をしましょう。

 

東京外壁塗装専門店は無料で建物診断を行なっております。

建物の状態を知りたいという方はお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

【軒天井の塗装 エバーロック塗布】

軒天井を塗装するときはケレンを行なって旧塗膜や汚れを除去しておくことが大切です。

軒天井の素材が合板の場合は水に弱いため洗浄をするときは注意が必要です。

そのため塗装が密着しやすくなるように下地処理が重要となってきます。

 

高圧洗浄についてはこちらの「外壁塗装で高圧洗浄をする理由を解説します!」をご覧ください。

 

下地処理後は塗装をしていきます。

今回はエバーロックを採用しました。

カチオン系のため密着性に優れ、ヤニ・シミ止め効果も高くなっています。

防藻性や防カビ性も備えていますので、湿気がこもりやすい軒天井にピッタリの塗料になっています。

塗料はたくさん種類がありますから、どれを選んだらいいかお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

塗料についてはこちらから

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も工事で行った作業をご紹介していきますので楽しみにしていてください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】