塗装工事の現場レポート

東京都江戸川区西小岩 N様邸 目地コーキング打ち替え ボンドブレーカー取り付け〜プライマー下塗り

東京都江戸川区シーリングサイディング

 2022年6月12日

東京都江戸川区西小岩 N様邸 目地コーキング打ち替え ボンドブレーカー取り付け〜プライマー下塗り

東京都江戸川区西小岩のN様邸にて目地コーキング打ち替えのボンドブレーカー取り付けとプライマー下塗りを行いました。

前回の現場レポートは既存シールの撤去作業をご紹介しました。

まだ見ていない方はぜひ下のページもご覧ください。

 

「現場レポート:東京都江戸川区西小岩 N様邸 目地コーキング打ち替え工事 既存シール撤去」

 

目地部 ボンドブレーカー取り付け】

東京都江戸川区西小岩 N様邸 目地コーキング打ち替え ボンドブレーカー取り付け〜プライマー下塗り

ボンドブレーカーとはコーキングの3面接着を防ぐために使われる絶縁テープです。

ボンドブレーカーを取り付けることでコーキングは2面接着(底面は接着されていない状態)にすることができるため、コーキングが動きやすくなり、不具合を起こしにくくなります。

ハットジョイナーやボンドブレーカーがない建物もありますので、現場に合わせてバックアップ材を挿入するなど適切な対応をとって施工することが大切です。

東京外壁塗装専門店は工事前に建物診断を実施してから計画を立てております。

お客様に最適な工事プランをご提案させていただきますので、お家のメンテナンスをお考えの方はぜひお声がけください。

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

【目地部 プライマー塗布】

東京都江戸川区西小岩 N様邸 目地コーキング打ち替え ボンドブレーカー取り付け〜プライマー下塗り

次はプライマーを塗ります。

プライマーは接着剤の役割があり、充填箇所に塗っておくことでコーキングが剥がれにくくなります。

コーキングも下地から剥がれてしまっては意味がありませんので、より密着するように下地処理しておくことが大切です。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も工事で行った作業をご紹介していきますので楽しみにしていてください。

 

耐久性の高いコーキングもご用意しております。

詳しくはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】