塗装工事の現場レポート

東京都江戸川区西小岩 N様邸 屋根塗装前の下地処理 棟板金補修

東京都江戸川区屋根塗装下地処理鉄部塗装

 2022年6月18日

東京都江戸川区西小岩 N様邸 屋根塗装前の下地処理 棟板金補修

東京都江戸川区西小岩のN様邸にて屋根塗装前の下地処理を行いました。

棟板金は傷んでいると風にあおられて外れてしまうことがありますから、定期的に状態の確認をおすすめします。

それでは棟板金補修の作業をご紹介していきます!

 

東京外壁塗装専門店は無料で建物診断を実施しております。

建物の状態を知りたいという方はぜひ当社の無料診断をご利用ください。

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

【棟板金の釘打ち】

東京都江戸川区西小岩 N様邸 屋根塗装前の下地処理 棟板金補修

棟板金は釘を打って固定してあります。

年数が経っているとこの釘が抜けていることがありますので、塗装前に補修していきます。

東京都江戸川区西小岩 N様邸 屋根塗装前の下地処理 棟板金補修

釘が抜けていたり、抜けかけていたりするところは再度打ち込んでいきます。

釘は板金の下にある貫板という木下地に効いて固定されますので、下地に問題がないかもチェックしておきます。

 

屋根塗装についてはこちらから

 

【火災保険について】

東京都江戸川区西小岩 N様邸 屋根塗装前の下地処理 棟板金補修

屋根は太陽の紫外線や風雨、年数の経過でダメージも蓄積しています。

ですから定期的にメンテナンスをすることが大切なのですが、台風などの自然災害で破損してしまうこともあります。

どんなにメンテナンスをして状態を維持していても予期せぬことで破損して修理費用がかかってしまうのは経済的に痛いかと思います。

屋根工事ですと足場が必要になることもありますから、工事代も高額になりやすいです。

このような負担を軽減するためにも自然災害などの破損で修理が必要になった場合は火災保険が利用できないかご確認ください。

保険対象工事だと保険金が下りて工事費用の負担を軽減できます。

当社でも火災保険についてご相談をお受けしておりますのでお気軽にご相談ください。

 

火災保険についてはこちらの「火災保険を使った修繕」をご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】