塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 バルコニー防水工事 プライマー下塗り

東京都葛飾区防水工事下塗り

 2022年7月23日

東京都葛飾区 バルコニー防水工事 プライマー下塗り

東京都葛飾区の現場にてバルコニー防水工事を行いました。本日はプライマー下塗りの作業をお伝えします。

 

前回の現場レポートはこちらの「東京都葛飾区 鉄骨階段 下地調整と上塗り塗装を行いました」をご覧ください。

 

【バルコニー防水工事 プライマー下塗り】

東京都葛飾区 バルコニー防水工事 プライマー下塗り

バルコニーは水に触れる場所のため水が染み込まないように防水がされています。既存防水は防水層の上にコンクリートが打設されている工法です。

コンクリートにはヒビが入ってしまっているため、防水層にまで水が入り込みやすくなっています。プライマーで防水剤の密着性を向上させ、ひび割れ部も塗料を浸透させて塞いでいきます。

 

東京都葛飾区 バルコニー防水工事 プライマー下塗り

立ち上がり部を先に塗装し、その後に床面の端から中央へとプライマーを塗っていきます。プライマーは2回塗布しました。

 

防水工事についてはこちらの「ベランダ・屋上の防水工事」をご覧ください。

 

【防水工事の重要性】

東京都葛飾区 バルコニー防水工事 プライマー下塗り

現在の住宅はバルコニーの下に部屋が配置されている間取りが多くなっています。このような間取りだと防水が維持されていることがとても重要となってきます。

もし、防水が劣化し、水が染み込んでしまうとそのまま下の部屋に水が流れてくる恐れがあります。雨漏りしてしまうと普段の生活も支障をきたして大変ですから、定期的に防水のメンテナンスを実施ください。

 

東京外壁塗装専門店は防水工事も承っております。診断も無料で行なっておりますのでお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】