塗装工事の現場レポート

東京都江東区 S様邸 外壁塗装工事 モルタル外壁のクラック補修

東京都その他下地処理モルタル

 2022年7月31日

東京都江東区 S様邸 モルタル外壁のクラック補修

東京都江東区のS様邸にてモルタル外壁のクラック補修を行いました。クラックとはひび割れのことで、モルタル外壁など硬い外壁材に起きやすい症状です。クラックがあると水が入りやすくなり、クラックが大きいと耐震性にも関係してきます。劣化を早める原因になりますので、クラックがありましたら早めに修理しましょう。

前回の現場レポートはこちらの「東京都江戸川区 M様邸 棟と天窓の劣化に注意!メンテナンスのポイント」をご覧ください。

 

【モルタル外壁のクラック補修 施工前】

クラックには構造クラックとヘアークラックがあります。損傷の程度で補修方法が異なり、クラックが大きいほど工事の規模も大きくなります。今回補修するクラックは軽微でしたからコーキングを充填してクラックを塞いでいきます。

 

劣化症状についてはこちらの「外壁塗装は必要?建物の劣化症状を解説します!」をご覧ください。

 

【モルタル外壁のクラック補修 コーキング充填】

クラック部にはチリや埃などが付着していますので、補修する前にきれいに清掃しておきます。汚れているとコーキングがつきにくくなりますので前準備が大切です。

東京都江戸川区 M様邸 モルタル外壁のクラック補修

清掃後はプライマーで下塗りをした後にコーキングを充填してクラックを塞ぎます。充填したコーキングは塗装後の見栄えが良くなるように外壁と同じ高さに均して仕上げました。

 

コーキングについてはこちらから

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】