塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 S様邸 外壁塗装工事 玄関天井の塗装作業

東京都葛飾区外壁塗装下地処理中塗り上塗り付帯部塗装

 2022年10月28日

東京都葛飾区 S様邸 外壁塗装工事 玄関天井の塗装作業

東京都葛飾区のS様邸にて、本日は玄関天井の塗装作業をお伝えします!

 

東京外壁塗装専門店は無料で建物診断を実施ししております。お住まいのメンテナンスのことでお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

【玄関天井の塗装作業】

東京都葛飾区 S様邸 外壁塗装工事 玄関天井の塗装作業

玄関天井や軒天井は合板やケイカル板などが使用されています。(中には窯業系などの軒天井ボードもあります)素材によって劣化の仕方が変わりますので、メンテナンスのタイミングを逃さないように普段から状態を確認しておくことが大切です。

 

塗装は下地処理を行なってから上塗り材で2回塗装しました。玄関天井はダウンライトがありましたので、塗料がつかないようにマスキングテープで養生しました!

 

塗装は下地処理がとても大切です。下地処理の詳しいことについてはこちらの「外壁塗装・屋根塗装の下地処理が重要な理由」をご覧ください。

 

【付帯部を塗装する大切さ】

今回ご紹介した玄関天井は付帯部に含まれるところです。付帯部は他にも破風板や雨樋、シャッターなどたくさんあります。外壁と同様に付帯部も経年劣化してきます。

 

そのまま塗装せずに放っておいてしまうと穴が開いてしまったり、割れてしまったりなど損傷を起こす可能性があります。

 

これからも長く建物をお使いいただくためにも付帯部の塗装も欠かせませんので、外壁塗装をを行う際は付帯部も忘れずに塗装してください。

 

塗装が劣化すると色々な症状が現れてきます。劣化症状についてはこちらの「外壁塗装は必要?建物の劣化症状を解説します!」で詳しく解説しております。良ければこちらもご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】