塗装工事の現場レポート

葛飾区 養生 コーキング打ち直し S様邸

東京都葛飾区シーリング

 2021年7月6日

コーキング 下塗り

今回は前回の記事に引き続き、葛飾区のS様邸のご紹介です。

前回は点検によってコーキングの劣化が複数箇所でみられたため、本日はその補修工事を行わせていただきました。

 

先ずは劣化したコーキングを剥がします。ひび割れが起きている箇所は、カッターやスクレーパーを使って剥がしていきます。また劣化が進んで手で簡単に剥がれるようになっている部分もありました。

コーキング剥がれ

このような状態は打ち替えとサインとも言えますので、ご自宅がこのような状況でしたら一度点検することをオススメ致します。

古いコーキングを剥がした後は、周りに養生を行いプライマーで下塗りを行います。

コーキング下塗り

塗装の際に行うプライマーは接着剤の役割を持っており、コーキングの下地作りにも有効的です。

プライマーが乾燥したのを確認したのち、コーキング作業を行っていきます。

コーキング

コーキング材が乾いたのを確認したら養生を剥がして施工完了となります。

今回は主にコーキングの打ち直し作業を行いました。

外壁に比べると、遠目からでは劣化しているのが分かりにくいたため後回しにされる方もおおくいらっしゃいますが、劣化した部分から雨などが侵入すれば、建物そのものに悪い影響を与えます。

気にならないからと放っておかないようにしましょう。

当社では無料点検を行っておりますので、ご自宅のコーキングで気になることがあればご相談ください。

▶0円診断についてはこちら