塗装工事の現場レポート

葛飾区 屋根漆喰工事・鉄部塗装 K様邸

東京都瓦屋根

 2021年7月7日

漆喰詰め替え

今回ご紹介するのは、葛飾区K様邸より、瓦屋根の漆喰工事と鉄部塗装の工事です。

本日着手致しましたのでご報告させていただきます。

 

本日は漆喰の詰め替え工事についてご紹介致します。

そもそも今回のような瓦は耐久性が非常に高く、塗装による補修等は一切必要がありません。

しかし、その瓦を支えている漆喰部分は長期的に劣化していきます。

漆喰の劣化を放置すれば、そこから雨が侵入したり、剥がれた漆喰が雨どいに詰まるなど、最悪の場合瓦が外れてしまう場合がありますので、定期的な点検が必要となります。

 

まずは、古く劣化した漆喰を取り除いていきます。古い漆喰を残したまま、上から詰めてもすぐに剥がれてきてしまうためしっかり除去する必要があります。

綺麗に取り除くことができたら、新たな漆喰をコテなどを使い隙間なく埋めていきます。

漆喰はしっかり施工がされていれば、20年以上も保つ場合がありますので職人の腕の見せ所です。

漆喰

詰め直しが完了したら乾燥し、屋根になじむまで様子を見ていきます。

一旦漆喰の詰め替え工事は完了です。

明日以降、他の工事を行いながら経過を確認していきます。

 

漆喰の寿命はおおよそ十年ほどですので、もしご自宅の屋根が瓦で、点検をしばらく行っていないということであれば、業者などへ点検をオススメ致します。

当社では、建物の点検から工事費用お見積りまで無料で行わせていただいております。

外装の補修工事でお困りの方は当社へご相談ください。

お問い合わせ