塗装工事の現場レポート

葛飾区 鉄部塗装・ケレン ベランダ 手すり K様邸 

東京都葛飾区鉄部塗装

 2021年7月8日

錆び止め

今回は前回に引き続き、K様邸より

ベランダや手すり等、鉄部の塗装をして参りましたのでご紹介させていただきます。

 

まず、鉄部の塗装を始める前にはケレン作業を行います。

ケレン手すり ケレン

錆びやカビの生えた金属にいくら塗装を施しても、その劣化した部分とともに塗料も剥がれ落ちてしまいます。

また金属に塗装をする場合、表面がツルツルしているため、他の下地材に比べて塗料が吸着しにくいという問題があります。

そのため、サンドペーパーやブラシを使い錆びやカビを落としながら、金属の表面に傷をつけ凹凸をつけることによって、塗料が吸着しやすくなり、本来の性能を発揮できるようになります。

そのため鉄部塗装においては、このケレン作業がもっとも重要になるのです。

 

ケレン作業が終わればいよいよ塗装作業に入ります。

鉄部塗装も基本的には外壁と同じく、

下塗り→中塗り→上塗りという工程になります。

ただ、下塗りには錆び止めの塗料を塗っていき、鉄部の直接塗ることで錆び化を塗料でとめることができますので、

外壁と同じく下塗りは重要になります。

今回の紹介はここまでです。これ以降の工程はまた日を改めて行っていきます。

 

当社では、無料で建物の点検からお見積りまでさせていただきます。

ご自宅のベランダや手すりの錆びに悩んでおられる方はお気軽にご相談ください。

現地見積について